黒澤楽器店、LINEとブログで購買喚起 ECサイト好調、10月売上は2倍に

黒澤楽器店は今年9月に、LINEの公式アカウントを開設した。LINEから閲覧できる公式ブログで楽器に関する特集コンテンツを掲載し、顧客の購買意欲を高めている。

LINEでは、割引のクーポン情報などを配信するだけでなく、表示するメニューで直接商品が購入できたり、ECサイトへ移動できるようにしている。

興味のある楽器、誕生日、店舗、エリアなどの情報を登録すると、顧客データに基づいて商品、イベント、特集などの情報を配信している。

新型コロナの影響により、ECサイトの楽器の売り上げは今年4月から好調で、10月の単月売り上げも前年同月比約2倍と好調に推移している。

ただ、新たに楽器を始める人が多く、1~2万円程度のギターやアンプなどが売れる傾向が強かったという。初心者向けに低価格帯の楽器を販売している事業者が増え、同社も価格帯を下げた。

初心者向けでも高単価な楽器の魅力を訴求するために、LINEとブログでの情報発信を開始した。アーティストや有名ブランドのギターを特集の形で紹介し、より高価で高品質な商品の販売につなげている。

小野寺将也部長は、「2万円の楽器を購入できるなら、3~5万円の価格帯の商品も購入できるはずなので、コンテンツを充実させて、少しでも高品質な楽器や機材を購入してもらいたい」と話す。

新たに楽器を購入した顧客に対しては、アコースティックのチューニングや弦の交換方法などの情報も提供し、弦やチューナー、シールドなどの周辺機器の購入を促進している。

通販用のフリーマガジン「STAGE(ステージ)」での情報発信にも力を注いでいる。他誌では、撮影できない近い距離でミュージシャンの機材を撮影しているのが特徴。2019年春からは、ネットでも見ることを可能にし、潜在的な演奏者の顧客作りに取り組んでいる。


「クロサワ楽器店ONLINE SHOPPING」
https://www.shopping-kurosawagakki.com/