北陸新幹線、海の幸、日本酒…自転車声優・野島裕史が語る「富山観光ライド」の“こぼれ話”
声優界随一のサイクリスト・野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。11月15日(日)の放送は、2週にわたって放送した「富山観光ライド」(前編・後編)の“こぼれ話”をお届けしました。


パーソナリティの野島裕史



野島:今回は、前回放送した「富山観光ライド」のこぼれ話を紹介したいと思います。

これまでにも僕は、自転車を輪行しながら青森から沖縄まで、日本全国あちこちに行っているのですが、富山県は未踏の地でした。北陸新幹線も開通当時から乗りたいと思いつつも、全然乗れていなかった。それが今回、念願叶って北陸新幹線にも乗ることができました。北陸新幹線のデザインは、高級感があって“かっこいいな”という印象があったのですが、実際に乗ってみたら内装もかっこよくて、荷物を置くコーナーが充実していて、他の乗客の方の迷惑にならないように、自転車を置くことができました。もちろん乗り心地も最高でした!

富山県に到着して、実際に自転車で走ってみました。これまで青森から沖縄まで走りましたが、それぞれの土地の魅力があって、その特徴が表れるのが山の風景。富山県の山々は、他の地域ではまったく見たことがないような景色で印象に残っています。これも北陸ならではなんだなと思いました。

そして、何よりも印象に残ったのが食べ物。“水がおいしいと、全部おいしいんだ”と再確認しました。相乗効果で全部おいしくなるんですね。だからお酒もそうですよね。日本酒もそうですし、コーヒーもおいしかったです。

あとは海の幸。本当に最高でした。太平洋側で食べる魚とは、また違いますね。淡白なはずの白身魚でも、すごく濃厚でした。弾力があり、歯ごたえもすごく良かったです。繰り返しになりますが、魚を食べた後の日本酒もおいしかったですね~(笑)。もちろん、自転車を乗り終えた後の夜の宴会での話ですよ!

その余韻に浸るために、声優の伊藤健太郎くんと勝杏里くんと僕の3人で「もうちょっと飲もうよ!」ということになり、12時くらいまで部屋でお酒を楽しみながら、その日の余韻を楽しみました。

富山は今回が初めてで、楽しめる場所などもまったく知らなかったので、行く前は“どうやって楽しめばいいんだろう……”と思っていたのですが、楽しめるポイントがたくさんあって、まだまだ行ってみたい場所がたくさんあるなと思いました。個人的には、冬の富山も楽しんでみたいですね。ファットバイクかマウンテンバイクでしたら雪道でも走れると思うので、ぜひ次回よろしくお願いします(笑)!

さて、11月22日(日)の「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」は、野島が自転車にまつわるさまざまなテーマで楽曲をセレクト!「野島裕史のミュージックコラム」をお届けします。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国23局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週日曜朝5:00~5:30(JFN各局の放送時間は番組Webサイトおよびアプリ「AuDee(オーディー)」でご確認ください)
パーソナリティ:野島裕史
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/toj