【『鬼滅の刃』風マスク登場】西日本繊維、「市松模様」「麻の葉模様」のUVケアマスクを発売

スポーツアンダーシャツを国内で生産している西日本繊維は11月17日、マスクのECサイト「Marker Shop」において、日本伝統の和柄シリーズマスクから市松模様と麻の葉模様のUVケアマスクを発売する。人気コミック「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎や、その妹の竈門禰豆子の着物の柄として注目度が高まっている市松模様と麻の葉模様を採用し、「鬼滅の刃」ファンにも訴求する。

【着用イメージなど画像4点】

「市松模様&麻の葉模様UVケアマスク」はポリエステル旭化成Moistex生地を使用し、昇華プリント技法によるデザインをプリントしている。

生地は熱線(赤外線)反射性の高い機能性ポリエステルと熱伝導性(接触冷温感・熱放散性)にすぐれた<ベンベルグ>を特殊複合しているため、ウェア内の温度上昇を防ぎ、クーリング(体表温度を下げる)効果を発揮する。

吸水速乾性ベタツキ防止性 <ベンベルグ>と機能性ポリエステルというフィラメント同士の特殊複合により、吸水速乾性・ベタツキ防止性にも優れている。紫外線遮蔽性の高い素材を複合しているためUVケア性にも優れている。

昇華プリント技法は、特殊なインクを昇華させ生地に直接浸透させる手法。 生地の上に載せるプリントとは違うため、プリント表面に凹凸が無く剥がれや色落ち、ひび割れもでない。 写真やグラデーションのプリントに使われるプロ仕様の技法だという。

「市松模様&麻の葉模様UVケアマスク」の販売価格は1枚680円。3枚組で1990円。3枚組は「麻の葉3枚」「市松3枚」「麻の葉2枚+市松1枚」「市松2枚+麻の葉1枚」のパターンを用意している。

サイズはレギュラーサイズ(鼻から顎15㎝、全巾22㎝)、小顔サイズ(鼻から顎13.5㎝、全巾21㎝)、子どもサイズ(鼻から顎12㎝、全巾18㎝)をそろえている。和柄の他、定番プリントシリーズ、無地カラーもある。


「Marker Shop」
https://Marker-shop.co.jp