前列左から佐藤順一、百田夏菜子、森川葵、松井玲奈、三浦翔平。後列左から宍戸留美、松岡由貴、千葉千恵巳、秋谷智子、宮原永海、石毛佐和。

アニメ映画「魔女見習いをさがして」の公開記念舞台挨拶が本日11月14日に東京・新宿バルト9で行われた。

「魔女見習いをさがして」は「おジャ魔女どれみ」20周年を記念した作品。長瀬ソラ、吉月ミレ、川谷レイカという年齢も性格も住む場所も異なる3人が「おジャ魔女どれみ」をきっかけに出会い、ともに旅をする中で、大人になって忘れてしまった大切なものを探していく。イベントには監督を務めた佐藤順一、ソラ役の森川葵、ミレ役の松井玲奈、レイカ役の百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、大宮竜一役の三浦翔平、そして春風どれみ役の千葉千恵巳、藤原はづき役の秋谷智子、妹尾あいこ役の松岡由貴、瀬川おんぷ役の宍戸留美、飛鳥ももこ役の宮原永海、春風ぽっぷ役の石毛佐和が登壇した。

森川は「あっちこっちからうれしい言葉が聞こえてきて、本当に公開できたんだなって実感しています」と報告し、百田は「ももいろクローバーZのメンバーに『チケットをくれ!』と言われる日々です(笑)。周りの皆さんが楽しみにしてくれていて、とてもうれしいです」と笑顔を見せる。松井は冒頭の挨拶で千葉たち声優陣が“魔法の呪文”を披露したことを受けて「皆さんの声を生で聞ける人生があっていいのか? 心臓がドキドキして止まらないです」と感激、「どれみちゃんたちに会いたいと思ってくれる人がいて、うれしい気持ちでいっぱいです」と思いを口にした。

佐藤監督は「20年経って映画を作るということも、こんなに喜んで迎えられることも想定していませんでした。映画は“どれみたちが帰ってくるよ”という内容にするつもりだったんですけど、作ってみたら“どれみたちはずっとそばにいたよ”という作品になっていましたね」と振り返る。おすすめのシーンを尋ねられた森川は「ご当地グルメがおいしそうに描かれている場面です」、松井は「『おジャ魔女どれみ』のキャラクターが出てくるところですね」と回答。百田は「1個ですよね。あーどうしようかな?」と悩みつつ「ミレさんが背負い投げするシーンです。モヤッとした気分がすべて吹き飛ぶ場面です」と述懐した。

イベントでは「あなたにとって『おジャ魔女どれみ』とは?」という問いに登壇者がフリップで答える場面も。「ハッピーとラッキーを届けてくれるもの」と掲げた石毛は、「『おジャ魔女どれみ』のことを思うといつもハッピーでラッキーだなって」と説明する。「Home Sweet Home」と記した宮原は「『おジャ魔女どれみ』に出会ったのは19歳ぐらい。声の仕事が大事だな、これからもずっとやっていきたいなと思わせてくれた作品で、温かく迎えてくれる実家のようなものですね」と語った。宍戸は「道標」と回答し、「おんぷちゃんをお守り代わりに生きています。自分の居場所を照らしてくれる存在です。この作品がお客さんやキャストと出会わせてくれました」と思い入れを述べる。またこのときにはおんぷちゃん好きの三浦が司会者から話を振られ、「先ほども(宍戸と)写真を撮らせていただきました」とはにかむ一幕もあった。

続いて「人生の道」という言葉を選んだ松岡は「私のターニングポイントになった作品です。劇場版にたどり着くまであいこがそばにいてくれました。幸せに感じています」と力強く話す。秋谷は「宝物」という一語を掲げ、「私の人生を豊かにしてくれました。たくさんの方に観ていただいて、出会う機会をくれました」と作品への感謝の気持ちを滲ませた。「つながり」と書いた千葉は「キャストもいまだに仲がよくて、お茶したり遊んだりしてくれるんです。そして小さかったみんなが大人になって自分の意思でこうやって観に来てくれる」と会場を見回す。そして「この作品のおかけでたくさんの人に出会うことができて感謝しています」としみじみ語った。

最後に百田は「この作品を見て、どれみちゃんたちは近くにいてくれたんだな、と心強さを感じました。これからも何かに迷ったときは、どれみちゃんをそばに感じながらがんばりたいと思います」とコメント。松井は「映画を観て、(自分は)どれみちゃんたちに会いたかったんだなって強く思いました。この作品は関わってくれた人の魔法でできていると思います。好きって気持ちを持つことも魔法です。つらいことがあっても抱きしめてくれるような作品になっています」と涙ぐむ。森川は「縛られなくていいんじゃない? 自由に生きていけばいいんじゃない?って言葉をかけてもらったような気がします。みんなの背中を押してくれる、魔法をかけてくれる作品になっていると思います」と述べ、イベントは幕を下ろした。「魔女見習いをさがして」は全国で上映中。

(c)東映・東映アニメーション