CRMの学習を行う場合、どのような本を利用すればよいのでしょうか。この記事ではCRMの学習に活用できる本7選やCRMを学べる本の選び方、CRMを導入するメリットなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

CRMの学習に活用できる本

CRMについて詳しく学ぶには本を使った学習がおすすめです。

CRMは「顧客情報管理」を意味する言葉で、現在ではその仕組みを持ったITツールを指すことがほとんどですが、顧客情報を管理し、顧客に対して最適なアプローチをすることで利益を向上するためのツールです。

しかし一般的に販売されている本はマーケティング手法に関する本ばかりで、CRM関連の書籍の数が少ないと感じている人も多いのではないでしょうか。

CRMを効率良く学ぶ方法とは

CRMを効率良く学ぶならCRMの考え方や実践方法をよく理解することが重要です。

CRMは1回きりの顧客ではなく何度でも商品を購入するリピート客を作るためのものです。そのため、CRMを実践しようとしている企業は多くいますが、そのためには具体的な方法を知ることが必要です。

CRMについてまとめられた本には具体例も多く掲載されているため、CRMを学ぶなら本を利用するのが良いでしょう。

製品の人気ランキングを見る

※ITトレンドに遷移します

CRMの学習に活用できる本7選

マーケティング手法に関する本は多く販売されていますが、CRMについて詳しく学べる本は限られています。

ここではCRMの学習に活用できる本7選をご紹介しますので、CRMについて学びたい方はぜひ参考にしてみてください。

活用できる本1:CRMの基本

「CRMの基本」は経営者やコールセンター担当者などに必要な情報が網羅されている1冊です。

15年間小売業のプロとしてのキャリアを持つ著者が書いた本で、CRMという戦略の考え方や顧客識別についてのプロセス、分析手法やデータの収集、管理、活用まで基本から説明しています。

GoogleやAmazonといった大企業が取り入れているCRMの実践方法を知りたい人におすすめの本です。

活用できる本2:社長が知らない 秘密の仕組み 業種・商品関係なし! 絶対に結果が出る「黄金の法則」

「社長が知らない 秘密の仕組み 業種・商品関係なし! 絶対に結果が出る「黄金の法則」」はオールカラーで豊富なデータを掲載した見やすい1冊です。

過去に窮地に陥った「やずや」を救った、本書独自の「顧客ポートフォリオ理論」のノウハウについて豊富なデータを掲載して解説しています。

現代の日本の中小企業の経営者や、マネージャークラスのビジネスマンにおすすめの1冊だと言えるでしょう。

活用できる本3:「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!

「「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!」は売れる仕組みについて4つのステップで解説した1冊です。

店に行列を作るための正しい売り方について、顧客を集める第1ステップから顧客を維持する第4ステップまで詳しく解説した本です。

顧客を固定客化するために必要な、「アナログブログ」や「サンキューメール」、「ラブメール」といった実践的なノウハウを知ることができます。

活用できる本4:CRM—顧客はそこにいる

「CRM—顧客はそこにいる」は日本初のCRM書の増補改訂版です。

顧客から満足の反応があっても利益に結びつかないといったよくある壁を破るために必要な、考え方やアプローチなどを解説した本です。

全6章で構成されており、改定によって新しく「LTV」や「タイミング・セグメンテーション」、「アウトソーシング戦略」などの項目が追加されています。

活用できる本5:売上につながる「顧客ロイヤルティ戦略」入門

「売上につながる「顧客ロイヤルティ戦略」入門」は顧客満足につながるアクションについて解説した1冊です。

クライアントファーストを理念に掲げる企業は多くありますが、実際は顧客志向が売上につながらないため、お題目になっているケースが多いものです。

本書では顧客の行動心理をデータ分析することで、顧客満足が売上につながるアクションの導き方を解説しています。

活用できる本6:通販会社・ネットショップのための「リピート客を育てる技術」

「通販会社・ネットショップのための「リピート客を育てる技術」」は通販業界のプロがリピート客の育成について解説した1冊です。

会社の良さや商品の良さをうまく伝える方法など、通販業界のプロがリピート客を育成するポイントをわかりやすく解説してくれます。

通販業界で必要な売上アップのヒントを提供してくれるため、ネットショップなどを運営している企業におすすめです。

活用できる本7:Zoho CRM 最強の教科書 導入・実践マニュアル

「Zoho CRM 最強の教科書 導入・実践マニュアル」はZoho CRMを取り上げて詳しく解説した1冊です。

コストパフォーマンスやカスタマイズ性に優れた「Zoho CRM」について、ツールの導入から効率的な活用方法などを解説してくれます。

初期設定が図によって体系的に解説されているためわかりやすい点がポイントです。Zoho CRMを導入している人はもちろん、CRMについて知りたい人にもおすすめです。

製品の人気ランキングを見る

※ITトレンドに遷移します

CRMを学べる本の選び方3つ

CRMを学べる本の選び方3つをご紹介します。

ここまでCRMの学習に活用できるおすすめの本をご紹介してきましたが、実際に自分で本を選ぶ際にはどのように選べばよいのでしょうか。

ここではCRMを学べる本の選び方3つをご紹介します。

選び方1:CRMの概要を理解しておく

CRMの本を選ぶ場合、事前にCRMについての概要は理解しておくと選びやすいでしょう。

CRMのどの部分について詳しく知りたいのか、具体的にCRMのどの部分を理解していないのかといった部分が明らかになっていないと、目的に合った本を選ぶことはできません。

そのため、事前にCRMについて少しでも理解しておき、自分に合った本を選ぶことが重要です。

選び方2:広く網羅している本を選ぶ

CRMの本を選ぶ場合は、最新の本よりも広く網羅している本を選ぶようにしましょう。

CRMはその内容について広く網羅しているものであれば、CRMの概要について理解することができます。そのため、良質な本であれば多少は古い本であっても問題ありません。

また、新しい情報を仕入れたい場合は本ではなくセミナーやWebサイトなどを利用するのが良いでしょう。

選び方3:ロングセラーのものを選ぶ

CRMの本を選ぶ場合は、ロングセラーとして長い期間売れているものにしましょう。

長く売れ続けている本は、それだけ学べる内容となっており、活用できる良質な本ということの証明でもあります。そのため、ロングセラーの本は良書であると言えます。

ただし、古い本に掲載されている事例は参考程度にして、頭から信じ込むのはやめましょう。

CRMを導入するメリット3つ

ここでは最後に、CRMを導入するメリット3つをご紹介します。

メリット1:顧客の満足度が上がる

CRMを導入することで顧客の満足度を向上させることができます。

CRMでは顧客情報を会社全体で共有することができるため、担当部署以外でも連携して対応にあたることができます。また、顧客のニーズも把握できるため、適切なアプローチを最適なタイミングで行うことができます。

そのため、顧客ロイヤルティを上昇させることができるでしょう。

メリット2:顧客情報を一元管理・共有できる

CRMを導入することで顧客情報を一元管理・共有することができます。

前述の顧客満足度の向上の理由の1つでもありますが、CRMではこれまで一部の部署で管理していた顧客情報を一元管理し、複数の部署で共有することができるようになります。

そのため、部署の垣根を越えて連携することができ、顧客1人ひとりに対して迅速な対応が可能になります。

メリット3:顧客の傾向を把握できる

CRMを導入することで顧客の傾向を把握できるようになります。

CRMには解析機能が搭載されているため、顧客情報を管理するだけでなく購入履歴などから分析し、顧客のニーズや志向なども把握することができます。

また、分析結果でわかった顧客の傾向をもとに、より効果が見込める次のマーケティング戦略を練ることができるようになります。

本でCRMについて学ぼう

CRMについて詳しく学びたい場合は本を活用するのがおすすめです。

CRMは顧客管理を一元管理し、傾向などを分析することで顧客満足度を向上させ、利益の上昇を実現するのに役立ちます。

ぜひこの記事でご紹介したCRMの本を参考に、CRMを導入した業務改善を行ってみてはいかがでしょうか。

製品の人気ランキングを見る

※ITトレンドに遷移します