「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」公開御礼舞台挨拶より。左から花江夏樹、日野聡、石田彰。

吾峠呼世晴原作による「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公開御礼舞台挨拶が、本日10月31日に東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた。この記事ではその模様をレポートする。なお作品の内容のネタバレを含むため、鑑賞予定の人はご注意を。

イベントには竈門炭治郎役の花江夏樹、煉獄杏寿郎役の日野聡、猗窩座役の石田彰が登壇。3人は作中で繰り広げられる煉獄と猗窩座の激戦についてトークを展開する。同シーンのアフレコについて、花江は「日野さんと石田さんのお芝居が凄まじすぎて緊張感が半端なくて、うしろで(アフレコの様子を)見ていたのですが、音を立てちゃいけないというプレッシャーの中、おふたりの芝居を観つつ、炭治郎の出番の緊張感が凄かったですね。本当に熾烈な戦いが繰り広げられているんだなということを、アフレコ現場からもヒシヒシと感じました」と振り返った。

さらに日野は煉獄を演じたときの心構えについて「猗窩座と対するうえで、まずは煉獄の人としての強さ、心の強さを意識しました。かつ柱といえども上弦の参というものすごい強敵と戦ううえで、力には限界がありながらも、精神力という意味では上弦の参の鬼をも上回る思いで、凛々しく演じようと心掛けていました」とコメント。石田との共演については「白熱しましたね。収録自体が自粛期間前だったので、石田さんと花江くんはじめみんなと収録することができたので、同じ空間で熱量を感じながら演じられたというのが非常に大きかったです。石田さんの胸をお借りして、煉獄の思いを全力でぶつけさせていただきました」と話した。

一方の石田は「今回の映画の台本を読ませていただいて、猗窩座という役がどうしてもエッジの効いた尖っている人のように思えて、ただ強さだけを求めている姿がどうも普通じゃないと考え、そういう面を出すことで煉獄さんの対比になればと思いました」と演技に込めた思いを明かす。さらに「(猗窩座は)映画で初登場なわけですよ。煉獄はTVシリーズでしっかりキャラクターが作られていて、そこに対抗馬としていきなり出てくる……そこまでのキャラクターをやらなきゃいけないというところはプレッシャーでもあり、僕のほうこそ全身全霊でぶつかっていかないと、人に胸を貸してる場合じゃないなと思いました」と述べた。

限りある命だからこそ尊く強いと説く煉獄と、永遠の命と強さだけを求める猗窩座が対照的に描かれるこの場面。日野は煉獄の強さについて「煉獄の強さは、家族、後輩、仲間、困っているすべての人々を助けたいという思いにある。その思いが自分を高みへと持ち上げ強くなれるというところが彼の魅力だと思います。彼の母の教えと、柱として、鬼殺隊として今まで鬼を倒してきたからこそ、猗窩座を前にその強さが出せたのではないかと思います。猗窩座は猗窩座で武を極めるという強さを持っていて、出会うタイミングというか、うまく歯車が噛み合ったら、すごく仲良くなれるんじゃないかとも思ってましたね(笑)」と話す。

石田は「猗窩座の強さというのは煉獄と違って自分のために強くなるというところに特化していて、強くなる以外は全部排除してもいいという極端な目的を達成しようとするところに(強さが)あるんじゃないかなと思います。人のためになんか強くなれない、己のためにやんなきゃ本当の強さは得られないんだという、人を諭したり教え導いたりするのには使いづらい理屈を持っていて、その強さは正義的な強さではないなと思いますね」と、煉獄とは違う、猗窩座が持つ独特な強さについてコメント。そんな2人を前に、花江は「日野さんと石田さんのお芝居を目の当たりにして、細かいことを考えるというよりも感情のままに、炭治郎の力ではどうにもできない悔しさを思いのままにぶつけようと思いましたね」と振り返った。

続いて、話題はこの激闘シーンの映像に及ぶ。日野は「息をするのを忘れてしまうくらい圧倒されました。技の応酬や、表情、呼吸、音楽、最後のエンドロールに至るまですべて凄まじくて観終わったあとは放心状態で圧倒されました」、石田は「僕らが収録したときはもちろん音が入っていないのですが、完成品を観るとやっぱりすごいなと思いました。思っていた以上にこんなことになってるのか、というのがあって、もちろんアフレコの時点で100%の力でやっていたのですが、より良くしたいなという欲が出るくらい、完成版の凄さがありましたね」と絶賛。花江も「かっこよすぎて泣くことってあるんだなと思いました。猗窩座の術式展開がきれいでしたね。煉獄さんや猗窩座の戦いの一連は大迫力のあるスクリーンで観る価値がありますし、1回で戦いを追えないので何回でも観に行きたくなりますよね」と思いの丈を語った。

ここで花江は公開日である10月16日から本日31日までの16日間の動員数について「たくさんの方にご覧いただき、なんと本日観客動員1000万人を突破いたしました!」と発表。それを聞いた日野が「よもやよもやだ!」と歓喜の言葉を贈ると、観客からは祝福の拍手が送られる。イベントの終盤には花江が「たくさんの方々に楽しんで頂けて感謝です。これからも炭治郎を演じることができた喜びと煉獄さんから贈られた言葉を忘れずに今後もがんばっていきたいと思います!」と観客に呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は2019年4月から9月まで放送されたTVアニメ「鬼滅の刃」の続編。短期間のうちに何人もの人が行方不明になっている無限列車を舞台に、炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助、煉獄が、鬼との戦いを繰り広げる。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」

スタッフ

原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊連載)
監督:外崎春雄 
キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃 
脚本制作:ufotable 
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸、梶山庸子、菊池美花
プロップデザイン:小山将治
コンセプトアート:衛藤功二、矢中勝、樺澤侑里
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野学
音楽:梶浦由記、椎名豪
主題歌:LiSA「炎」(SACRA MUSIC)
アニメーション制作:ufotable
配給:東宝・アニプレックス

キャスト

竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
煉獄杏寿郎:日野聡
魘夢:平川大輔
猗窩座:石田彰

※禰豆子の禰はネに爾が正式表記。
※煉獄杏寿郎の煉は火へんに東が正式表記。

(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable