ワコール、アバターに下着相談 新しい生活様式のカウンセリングサービス開始 

ワコールは10月29日、インナーウェア選びにおける新たな顧客体験の提供と、ビューティーアドバイザー(販売員)の新たな働き方の創造に向け、アバターを活用した新しい接客システム「Ava.COUNSELING(アバカウンセリング)パルレ」を開発し、「3D smart & try東急プラザ表参道原宿店」においてカウンセリングサービスの提供を開始した。

接客システム「Ava.COUNSELINGパルレ」は、リモートで対応を行うビューティーアドバイザーの表情や動きを読み取ったアバターがリアルタイムに下着選びに関するカウンセリングを実施する。顧客はアバターを介してビューティーアドバイザーと対話することとなり、気軽に要望や体型に合う下着を探すことができる。接客に対する顧客の選択肢を広げ、高い知識と技術を備えるビューティーアドバイザーへの相談をこれまで以上に気軽にできる環境を整備することで、より多くの顧客との新たなつながりを創造する。


人の目を気にすることなく気軽に下着を選べる


ビューティーアドバイザーが遠隔でアバターを操作

システムはHEROESのアバターコミュニケーション技術「AvaTalk」を活用し、テックファームがシステム開発・運用を支援している。

「Ava.COUNSELINGパルレ」は今後、「3D smart & try東急プラザ表参道原宿店」での運用を通じて、サービスレベルの向上に努める。将来的に自宅や事務所などリモートワークでカウンセリング業務が実施できるよう、運用試験を重ねる。

ビューティーアドバイザーがリモートワークで顧客のインナーウェア選びを手伝うことができれば、ビューティーアドバイザーが不在の地域や、店頭での不在時間でも接客対応が可能になる。育児・介護や転居など、ビューティーアドバイザー自身のライフスタイルの変化により、店舗での勤務が難しい状況においても、「在宅で接客をする」「時間を区切って接客をする」という新しい働き方が可能となる。


リモート対応しているビューティーアドバイザーの様子(イメージ)