堺雅人「初登場で『おしまいDEATH!』をかましてきた」ドラマ「半沢直樹」で共演した香川照之の“スゴさ”
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。10月20日(火)のお客様は、俳優・堺雅人さんとお笑いトリオ・東京03のみなさん。ドラマ「半沢直樹」で香川照之さんが放った名言「おしまいDEATH!」が誕生した瞬間を語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)堺雅人さん、豊本明長さん、角田晃広さん、飯塚悟志さん


◆テイク1から何か探っている感じが…(堺)
飯塚:なんか“役者さん”って、同じセリフを同じテンション、同じ感情で言える、ってイメージなんです。それ、僕はできないんですよね。

堺:それも大事だと思いますけど、「半沢直樹」の撮影で1番大事なのは“止めない”こと。だから、あのドラマは基本NGがないんですよ。“NG集”って言うけど、よっぽどのことがない限り止まらないので、セリフを忘れても何か適当に言っていれば。香川(照之)さんとか適当だったりするから。

飯塚:あ、そうなんすか!?

角田:そういうところから、いろいろと生まれたりしているってことなんですか?

堺:そうなんです。

飯塚:「おしまいDEATH!」でしたっけ? 今回の名言。あれはアドリブだったんでしょ?

堺:アドリブだったんですよ。

角田:堺さんが(本番中に)急にやられたってわけですもんね。

堺:4か5テイク目でやられて。

飯塚:あ、そうなんだ。いきなりではなく?

堺:でもね、ちょっとずつ……なんかテイク1から(香川さんが)何か探っている感じがして。嫌な予感がしていたの(笑)。

豊本:そういう片鱗があったんですね。

堺:そうなんですよ。“あれ? 先輩、何か仕掛けたそうだけど……”と思ったら、あれが出て。

飯塚:へぇー!

堺:しかも、テイクを重ねるごとにちょっとずつそれが変化しだして。「おしまいDEATH!」って首をかき切るポーズをした後に、その指を“イェーイ”って上げてみたりとか。

3人:ハハハ(笑)。

堺:“何なの、それ?”と思って。

飯塚:でも、「半沢直樹」の福澤克雄監督って結構厳しいイメージなんですけど。

堺:そのときは大笑いしていました。

飯塚:大笑いなんだ!

堺:香川さんは何をやっても。

飯塚:その位置にもういらっしゃるんですね。

堺:というか、福澤監督のあの現場のあの緊迫した空気のなかで遊べる人は、もう相当ですよね。

角田:確かにすごいですよね。

堺:香川さんも相当の勇気がいったんじゃないですか? あのときが初登場のシーンだったので。初登場であれをかましてきた。

飯塚:それはすごい!

堺:あの人は本当にすごいです。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

11月2日(月)若月佑美さん×シソンヌ・長谷川忍さん
11月3日(火・祝)藤井隆さん×堂島孝平さん
11月4日(水)吉田豪さん×川後陽菜さん
11月5日(木)ゆりあんレトリィバァさん×コロコロチキチキペッパーズ・ナダルさん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/