楽天、米・ウォルマートのECモールに出店 まずは化粧品から、日本商材の海外販売を強化

楽天は、10月28日(日本時間)、米・ウォルマートの運営するECプラットフォーム「Walmart Marketplace」に、日本の商材を販売するECショップをオープンした。日本の化粧品を中心に取り扱い、現地消費者の声を聞きながら、今後、商材を拡充していくという。

楽天は越境EC事業において、「海外パートナー旗艦店」戦略で事業を拡大している。これは楽天が海外ECモールと戦略的に連携し、楽天として海外モールに出店する取り組み。国内のブランドやメーカーなどから楽天が商品を買い取り、それを海外ECモールの店舗で販売する。

これまでに中国の「JD World Wide」「Kaola.com」「Tmall」、韓国の「Gmarket」「11street」、台湾の「PChome商店街」「shopee」といった現地で販売力のあるECプラットフォームに出店している。台湾は自社でECモール「台湾楽天市場」も設けている。

今回、「Walmart Marketplace」に「Rakuten Japan Direct」を開設することで、米国への販売チャネルを設けることができた。今後も海外販売の取り組みを拡充していく考えだ。


「Rakuten Japan Direct」
https://www.walmart.com/reviews/seller/101035509?offerId=5E5BA1E879724D8A96F27A317BB42541