DeNA・梶谷隆幸 (C) Kyodo News

○ DeNA 5 - 2 巨人 ●
<23回戦・横浜>

 DeNAの梶谷隆幸は、2安打で打率を.331とした。

 『1番・センター』で先発出場した梶谷は、2回一死一塁から巨人の先発・サンチェスが投じたスプリットをライト前に運ぶ安打を放ち、7試合連続安打。さらに7回にはライト前への適時打でマルチ安打を達成した。

 29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた大矢明彦氏は7回の適時打に「芯でしっかり捉えていますよね。バットコンロールが上手ですよね」と話し、首位打者争いについては「おそらく本人は状態が良いので、何本打ったらどのぐらい上がるとか全く考えていないと思いますね。状態が悪くなると、そういうのを考えるんですよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)