6回、二死満塁の好機で見逃し三振に倒れた巨人・中島。捕手戸柱=横浜(C) Kyodo News

○ DeNA 5 - 2 巨人 ●
<23回戦・横浜>

 巨人は1点を追う6回に満塁のチャンスを作るも得点することができなかった。

 1-2の6回一死走者なしから松原聖弥、坂本勇人の連打、岡本和真の四球で一死満塁の好機を作ったが丸佳浩が空振り三振、中島宏之が見逃し三振に倒れた。

 29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、中島の見逃し三振後に思わず「まあタイムリーが出ないな」とポツリ。

 さらに大矢氏は「この試合こういうチャンスがこないんじゃないというくらいの大チャンスでしたけど、先ほどホームランを打った丸が三振、中島も三振ということでね。チャンスがありながら、もどかしいなという感じですよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)