巨人・原監督 (C)Kyodo News

 28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、巨人のリリーフ陣について言及した。

 巨人の先発・高橋優貴は初回に4点を失うなど、3回途中7失点でノックアウト。3回途中から大江竜聖、田中豊樹、田口麗斗が投げ、2点ビハインドの8回には“勝ちパターン”の高梨雄平がマウンドへ。その高梨はオースティンに適時打を浴びるなど2点を失いイニング途中で降板。桜井俊貴が登板し、0回2/3を投げ無失点に抑えたが連投となった。

 野村弘樹氏は「ブルペン陣が苦しんでいますよね。先発が崩れたあと、ビハインドで投げるピッチャーが抑えきれていない」と話した一方で、「先発ピッチャーが早いイニングで降りてしまうと、ピッチャーをあげなければいけない。(リリーフ陣に)しわ寄せがくるんですよ。連投も増える、投げるイニングも増えるという意味では、悪循環ですよね」と心配していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)