【ozie柳田敏正の「ECの未来 裏話」】第10回「日本のECの縁の下の力持ちは、クールでホットな男」

今回のゲスト:成都インハナインターネットサービス有限公司 総経理 坂口幸太郎氏


「ECの未来」へようこそ。ネットショップ運営代行のサヴァリがプロデュースする動画メディア「ECの未来」では、さまざまな対談を紹介しています。本連載では、対談動画の本編では紹介できなかった裏話や、私の私見を取り上げていきます。ユニークな取り組みをしているゲストの人柄も紹介します。今回の「ECの未来」に登場したゲストは、EC業界では「インハナ」でおなじみの、成都インハナインターネットサービス有限公司の総経理を務める坂口幸太郎氏です。

インハナは、EC企業向けに、中国でのBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)を提供しています。ネットショップの店長の中には、インハナにお世話になったという人も多いのではないでしょうか。坂口氏はインハナの代表を務めると同時に、EC物流のアウトソーシング事業を展開するスクロール360の事業責任者も務めています。

坂口氏は、動画の本編で、例えばECサイトの商品登録の作業といった、アウトソーシングの事業を、現地で実際にどんな人がやってくれているのかについて、語ってくれています。現地スタッフはもちろん、中国人です。当然日本語が堪能で、商品登録や在庫管理、市場調査、受注管理を実施しているそうです。さらには、セールで在庫切れが発生しそうな場合に、現地スタッフがメーカーに追加の発注さえもしてくれると言います。

まさに、日本のECの隆盛を支えてきた、縁の下の力持ちではないでしょうか。

かくいうozieも昨年からインハナに業務委託をしています。坂口君には何年も前にEC関連の飲み会で知り合いました。3年ほど前に、インハナの成都のオフィスを見学しに行ったのをきっかけに、仕事を発注するようになりました。

坂口君は、クールな印象の反面、中国でPBの製造工場を探して奔走してくれたり、工場の社長とベロベロになるまで飲んで関係を作ってくれたりするなど、仕事になると熱い人物で、頼り甲斐があるパートナーです。
 
動画では、外注の話だけでなく、越境ECの今の生々しい売り方の話もしてくれています。是非2本通してご覧ください。

♯50はこちら▶▶https://www.youtube.com/watch?v=ZRvSSwfeiGY


動画メディア「ECの未来」とは・・・ワイシャツのECサイト「ozie(オジエ)」を運営する柳田敏正社長がMCを務める、対談形式のラジオ風動画メディア。毎回、ネットショップの店長やECのコンサルタントをゲストに迎え、柳田氏がゲストの独自の取り組みについて掘り下げている。