巨人・松原=神宮(C) Kyodo News

○ DeNA 9 - 2 巨人 ●
<21回戦・横浜>

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏が、巨人の1、2番につい言及した。

 DeNAの先発・大貫晋一の前に1番・若林晃弘、2番・松原聖弥が第1打席、第2打席ともに二ゴロに打ち取られる。この打撃に井端氏は「1番2番が2打席ずつ立って全部引っ張ってしまってのアウト。工夫していかないと、攻略ができない。繋がりのなさは、こういったところですよね」とチクリ。

 3打席目以降も若林、松原ともに出塁することができず、若林が5打数0安打、松原が4打数0安打だった。

 試合後、井端氏は「1、2番が出てクリーンナップで返すというのが鉄則。1、2番で一度も塁に出られておりませんので、点にはならないと思いますし、繋がりにも欠いている」と指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)