茅島みずき

なにわ男子(関西ジャニーズJr.)がグループ単独初主演となるドラマホリック『メンズ校』(テレビ東京系、毎週水曜24:12~)の第4話が、10月28日に放送される。

本作は、「そんなんじゃねえよ」「女王の花」で小学館漫画賞を受賞した人気作家・和泉かねよし著「メンズ校」(小学館フラワーコミックス刊/全8巻)が原作。「ベツコミ」(小学館)にて2006年から2010年まで連載され、単行本の売り上げは電子書籍を合わせると160万部を突破している人気作で、貴重な“アオハル(青春)”時代をドへき地にある全寮制名門高校という男だらけの閉ざされた場所で送っている、男子高校生7人の“ひと夏の物語”が描かれる。

<第4話 あらすじ>
離島にある全寮制の進学校「私立栖鳳高校」に入学した牧主税(道枝駿佑)は自由を求め、野上英敏(西畑大吾)らと共に、第2の脱走計画を実行に移す。抜き打ち検査で没収されたペットボトルをゴミ捨て場から取り返し、イカダを作り始める。5人の計画に気づいた桃井天(大西流星)と藤木⼀郎(大橋和也)だったが、楽しそうにしている5人を見ているうちに心境の変化が……。一方、牧は鷹野エリカ(茅島みずき)という少女に出会いドキッとする。

前回は、寮で抜き打ちの所持品検査が実施され、長尾謙杜演じる花井衛の秘密が明らかに。今回は、これまで牧たちの脱走計画を邪魔してきた桃井と藤木の心境の変化に注目だ。