廃墟の城の地下に眠っていた!「失われたアルファロメオ」が発見されるまで

2012年の冬の朝、ブリュッセルの東にある13世紀の城であるKasteel van Heers(Castle of Heers)の敷地に探検グループが入った。彼らは、「失われたアルファロメオ」を探していたのだ。

実際に探検に出ていた人物はこう振り返っている。「ベルギーのどこかの城で6台のアルファロメオが眠っているはずだと聞いたのです。畑を歩いたり、納屋や庭を探索したりした後、城は門の向こうにあることがわかりました。しかし、そこに行く方法がなかったので、1人がルートを探しに出たのです。5分以内に道が見つかり、私たちは城に向かって歩き出しました」

「城に到着すると、私たちは生い茂る草の中を冒険し、その下にアーチ道を見つけました。そこで勘が反応し、これらの車を発見しました」

地下に眠っていたアルファロメオ(写真14点)

発見されたアルファロメオはジュリア1600スパイダー、ジュリエッタ1300 SS、1300スプリントといったラインナップだ。かつてこの城に住んでいたMichel Desmaisièresはエンスージアストであったようで、自らアルファロメオをベースに車を製造して1960年代のレースに参加していたという記録が残っている。

そもそもこの城は、政府が所有者であるDesmaisières兄弟から没収していたもので、管理は行き届いていなかった。城を没収した年は2007年であったため、これらのアルファロメオは少なくとも5年間は地下で眠ったままだった。Michelは実際、城が押収された2007年まで、城のごく一部に妻と一緒に住んでいたそうだが、アルファロメオを目にすることはなかっただろう。数十年間、不動はおろか陽を浴びていなかった可能性も十分にある。

アルファロメオが発見されてからもしばらくは放置されたままだったが2015年、アルファはオークションにかけられ、合計117,000ユーロで落札された。1台はアルファロメオ社の相続人のもとへ行き、1台はあるバンドのベーシストが購入したということが分かっている。

なお、Kasteel van Heersは修復段階にあり、少しずつだが綺麗になっている。また、周辺の自然が美しいこともあり観光地として人々を迎え入れている。かつての姿を取り戻したアルファロメオが再び城を訪れるという光景も見てみたいものだ。