「vibit CMS Neo」は、「使いやすさで選ばれるリーズナブルなCMS」を開発コンセプトに、多くの企業Web担当者に支持されているCMSです。専門知識がなくても簡単に操作できる一方、検索システムの構築が可能となるデータベース機能を搭載するなど機能も充実しており、サイト制作・更新業務を強力にサポートします。

またレスポンシブコーディングに対応しているため、マルチデバイスサイトを簡単に制作できます。さらに1つのライセンスで多言語サイト等の複数サイトを構築できる他、vibit User DB を使った会員Webサイト(マイページ)のカスタマイズ開発も可能です。

※画像出典元:「vibit CMS Neo」公式HP

製品のポイント

1.直感的に簡単操作が可能

vibit CMS Neoは、公開ページと同様のページを見ながらそのものを編集するような見たままの操作で、簡単かつ直感的にページ更新をすることができます。記事の編集は定型テキストフォームとリッチエディタを使い分けることができるため、文書の装飾や画像の挿入、テーブルの作成も思い通りに編集可能です。

また、PCはもちろん、タブレットやスマートフォンでも簡単に操作できる管理画面です。もちろん作成したサイトはレスポンシブコーティングに対応しているため、マルチデバイスサイトを簡単に作成・編集可能です。

2.テンプレートを活かして効果的なサイト運用

テキストや画像から構成されるブロックパーツを使い、簡単なクリック操作で既存テンプレートの変更や新しいテンプレート、ページを作成できます。HTMLの知識がない方でもレイアウトを崩すことなく、思い通りのページレイアウトを作成することができるため、サイト運用に無駄な費用・労力をかけることはありません。

また、ページやブロック記事ごとに公開日時を時間単位で予約設定できるので、好きな時間に更新作業を行い、任意の日時に自動的に公開することが可能です。さらに、承認ワークフロー機能によって、CMSからの承認依頼メールで責任者への公開承認を行うこともできます。

3.1つのライセンスで複数サイトが作成可能

vibit CMS Neoは、1つのライセンスで複数のサイトを作成・管理することが可能であり、コーポレートサイトや製品・サービスなどのPRサイト、採用サイト、社員向けイントラサイトなど、ターゲットの異なる目的別のWebサイトを複数運営管理することができます。それによって、他社CMS製品と比べて圧倒的に費用対効果の高いCMS導入が実現できます。

また、無段階のサイトツリー作成や本格的な承認ワークフロー機能、バックアップ・リストア機能の他、サイト管理者のための管理機能も充実しています。さらに、vibit CMS Neoの強力なサイトコピー機能を使えば、日本語サイトを丸ごとコピーできるので、同じページ構成の英語サイトや中国語サイトなどの多言語サイトが容易に複数作成できます。

CMSでこんなお悩みありませんか?

  • SEO対策も行いたい
  • 柔軟にカスタマイズしたい
  • モバイルでも使用したい
  • セキュリティが不安
  • 非常時にもデータを守りたい

「vibit CMS Neo」で、これらの悩みをすべて解決しましょう!

■静的HTML作成によりSEO対策も可能

vibit CMS Neoは、Web標準規格に対応したHTMLをテンプレートに採用しており、検索エンジンが読みやすい静的なHTMLを生成するため、SEO対策にも大変有利です。メタタグやタイトルタグもページ編集画面で直接編集できるため、SEOキーワードの更新・管理をいつでもフレキシブルに行うことが可能です。

■豊富なオプションサービスとカスタマイズ対応

インストールタイプの場合は、利用中のサーバーまたは提携するサーバー会社のレンタルサーバーにCMSをインストールして利用することができ、柔軟なカスタマイズが可能となります。サイト運営スタイルに応じてWebアプリケーション開発や、既存システムとの連携、vibit User DB等の各種オプションサービスも搭載しています。

■モバイルでも操作可能

管理画面は、PCはもちろんタブレットやスマートフォンでも簡単に操作できます。現場でスマホやタブレットで撮影した写真をそのままWebサイトにアップすることができるので、拠点サイトの現地編集が容易となり、情報の鮮度やボリュームを向上させることができます。

■豊富な導入実績と高いセキュリティ

vibit CMS Neoは、官公庁・金融機関・上場企業・医療機関サイト等、豊富な導入実績があります。また、稼働率99%以上・利用継続率98%以上の高い信頼性を誇るCMSであり、フリーウェアやブログ型CMSと比べ、セキュリティ面でも安心して導入できます。

■スムーズな災害復旧体制

クラウドサーバー環境でも稼働するため、DR対策も施すことが可能です。それによって、スムーズな災害復旧体制を構築することができます。非常時でも重要なサイト、データを損ないません。

製品詳細

・対象従業員規模
すべての規模に対応

・無料トライアル
なし

・提供形態
クラウド/オンプレミス/パッケージソフト/SaaS/ASP

・初期ライセンス費
300,000円〜1,200,000円

・月額利用ライセンス費
20,000円〜

・その他注意事項やポイント
CMS設定作業費、CMSテンプレート制作費等は別途見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

資料請求をする(無料)»

※ITトレンドに遷移します