「ヌーミレパーク(仮)」徹底解説 King Gnuとmillennium paradeの熱量を体感する

2020年10月21日から2021年1月31日まで、Ginza Sony Park(東京・銀座)にて「『#014 ヌーミレパーク(仮)』DIRECTED BY PERIMETRON」が開催中。King Gnuとmillennium paradeがこれまで世に送り出してきた音楽・アートワークなどの創作表現を体感できる展示プログラムとなっている。ディレクションを手掛けたのは、両バンドの首謀者である常田大希が主宰するクリエイティブ集団・PERIMETRON。本記事では展示の紹介・解説をお届けする。


【画像を見る】「ヌーミレパーク(仮)」撮り下ろし写真ギャラリー


周辺エリアからすでに溢れている、彼らが大事にしてきたもの

まず、東京メトロ・銀座駅から降りてGinza Sony Parkへ向かうと、地下通路に落書きだらけのアドピラーが目に飛び込んでくる。






King Gnuの4人、新井和輝・常田大希・井口理・勢喜遊の写真にペイントが塗られビリビリに破られている。この悪戯を施したのも、もちろんPERIMETRONの面々。きれいな格好をした人たちが行き交う街で、タンクトップや鼻血、変顔メイク等が施されたこの柱たちはとてつもない違和感を放っている。ここは日本一地価が高い商業エリア・銀座であるにもかかわらず、まるで開発から取り残された荒野にあるストリートペイントのような臭いを醸し出していた。

King Gnu、millennium parade、PERIMETRONは、これまでも異なるカルチャーをひとつの作品に調和させることや、「矛盾」「対比」「ギャップ」を重んじることで、オリジナリティを発揮しながら人々の心を掴む新たな表現を生み出してきた。このアドピラーは、単なるお遊びや悪戯心に留まらず、そういった彼らの表現のコアを大胆に表現したものだと言える。

地上に上がれば、数寄屋橋交差点にKing Gnuのロゴが、コンクリートが崩れた中にそびえ立つ。さらには、「王牛祭」(王牛=King Gnu)、「千年祭」(=millennium parade)と書かれた旗も。これらも、銀座のど真ん中で違和感を放っているのは明らかだ。そして彼らは、違和感こそが人々の心と記憶に爪痕を残す装置であることをよく知っている。






入口エリアには、左側にKing Gnuの文字とヌーの絵が、右側にmillennium paradeの文字と「Fly with me」のミュージックビデオやライブ時の演出映像に登場するキャラクター・Eugene(ユージーン)が描かれている。

本プログラムのコンセプトは、新店舗オープンに向けて工事中のGinza Sony Parkと、まだ人生と音楽の旅の途中にいるKing Gnu/millennium paradeによる、「工事中(=未完成で仮の状態)」をキーワードにしたコラボレーション。入口には工事現場で見る「工事計画の概要」の看板が掲げられており、工事名には「トーキョーニューミクスチャースタイルバンド「キングヌー」とトーキョーカオティッククリエイティブコレクティブ「ミレニアムパレード」の世界構築」、題材には「キングヌーとミレニアムパレードの現在」、事業の目的には「キングヌーとミレニアムパレード及びペリメトロンは未だ何かを成し遂げた訳では全くなく、これからも続く創造の旅の途中であることを描くためのものとなっています」と記されている。






提供:Ginza Sony Park

B1フロア:ミュージックビデオ内のアイテムを展示

受付には、「ヌーミレパーク(仮)」がプリントされたタンクトップを着ているマネキンが(King Gnu「Teenager Forever」のミュージックビデオでは、井口がフィリピンのお土産店で買った白いタンクトップを着用しており、それを模範したと思われる)。







B1フロアには、これまで発表してきたKing Gnuとmillennium paradeのグラフィックTシャツの展示と、グッズショップ「GNU-MILLEPARK SHOP」が。なお、ここで販売されているグッズはオンラインストアでも購入することができる。








そして、ミュージックビデオでシンボルとなっている、数々の制作物・小道具・衣装などがボックスに入って展示されている。




左上から、King Gnu「どろん」で登場人物が着用しているマスク、King Gnu「あなたは蜃気楼」でモデル・emmaが戦う際に被るヘッドギア、millennium parade「lost and found」で菅原小春を取り囲むダンサーたちが着ているコスチューム、King Gnu「Flash!!!」「Slumberland」「白日」「飛行艇」等でも使用されている勢喜遊のバスドラム、King Gnu「Its a small world」のために制作されたマスク、そしてKing Gnu「飛行艇」でロックフェスの映像に心を奪われ音楽に憧れを抱きながら歩む少年(生駒星汰)が着用したマスク・マント・靴など。


















B2フロア:銃弾が目の前にまで飛んでくる3D映像を体験





B2フロアもコンテンツが満載。「MUSIC VIDEO COLLECTION」と題されたエリアでは、50台近くのテレビ/モニターと大きな拡声器が2台設置されており、King Gnuとmillennium paradeのミュージックビデオを見ることができる。足元にはBOSS FS-5UのフットスイッチとFV-50Lのボリュームペダルが並べられており、FS-5Uを踏むとミュージックビデオの作品が変わり、FV-50Lを踏むと映像のカラーやエフェクトが変わる仕様となっている。ある楽曲に関しては、フットスイッチを踏むとスペシャルコンテンツを見ることができる(こちらは来場者へのサプライズとのこと)。








millennium paradeはこれまで3Dライブを開催し、来場者は3Dメガネをかけながら生演奏と3D映像演出を堪能できるショーを生み出してきた。ここ「ヌーミレパーク(仮)」では、昨年開催したワンマンライブ「millennium parade Live 2019」の映像をブラッシュアップし、ソニー独自開発の「Crystal LEDディスプレイシステム」とタッグを組むことで、かなりの迫力と高画質を実現した3D映像を体験させてくれた。ミュージックビデオの主人公・Eugeneが目の前で歌い、銃から飛び出してくる弾が目の前まで飛んでくる。


提供:Ginza Sony Park








「COVER ART COLLECTION」エリアでは、本展のために制作されたレコードジャケットが並ぶ。これまでCDサイズやストリーミングの表示サイズで見ていたKing Gnuとmillennium paradeのジャケットを、大きな絵として見ることができる。一つひとつの帯の細部まで作り抜かれており、昭和時代のCD帯を彷彿とさせるような、大盛りキャッチコピーやちょっと拍子抜けする言葉にクスッと笑ってしまう。








「COVER ART COLLECTION」に飾られていた「飛行艇」のレコードの帯で、「鳥だ!飛行艇だ!UFOだ!いや違う、、、飛行艇少年ボーイだ!」というコピーを目にしたあと、吹き抜けの階段を降りようとすると目の前に現れるのは「飛行艇」の少年の巨大オブジェだ。







B3フロア:CGで表現されていたゲームや車を再現

B3フロアでは、millennium parade「Fly with me」のティザー映像とミュージックビデオの一部に登場したゲームを、実際にプレイすることができる。本展のためだけに、このアーケードゲームが実際に作り上げられたというのだから驚きだ。ミュージックビデオのストーリーとシンクロした展開で、プレイヤーは主人公・Eugeneを操作し悪者を倒していくゲームとなっている。プレイ中のBGMは「Fly with me」をゲーム音に特別アレンジされたもの。











その隣では、King Gnu「Slumberland」に登場した着ぐるみやパペットたちが、こちらになにかを語りかけてくるようだ。








そしてその奥には、常田大希が「一番のお気に入りの展示」と明かしたという、millennium parade「PLANKTON」の世界観を再現した「INTO THE PLANKTON」エリア。ミュージックビデオの中ではCGで描かれていた車が実物となって展示されている。ガソリンスタンドが舞台のストーリーであるため、うしろには「GAS」のネオンサインが。








車のペインティングや内装までもが忠実に再現されており、車内には動物たちの映像が流れる旧型モニターが積まれている。井口理は、車のエンブレムが「PERIMETRON」となっているその細やかな創作に、「そういうところに仲間内の『愛』みたいなものが込められていてすごいハッピー」とオフィシャルのメイキングムービーにてコメントしていた。








「Plankton」のミュージックビデオやその他多数の作品で登場する、ネオンサインや看板。これらにもmillennium paradeやPERIMETRONのオリジナリティが表出していると言える。ハリウッド映画や海外の人が描く「アジア」にはときに違和感を抱くことがあるが、日本からカルチャーを発信・表現することについて自覚的な彼らは、これまでに生み出されてきた「海外の人が見たアジア」的な創作をインプットした上で、90年代に生まれて今も日本で生きている人間ならではの目線で見た日本の過去・現在・未来を、こういった看板・ネオンサインで表現しているからだ。









B4フロア:画家・佐野凛由輔による「トーキョーカオティック」

階段を降りてB4フロアには、millennium parade「Philip」の歌詞、アートワーク、ミュージックビデオに登場するキャラクターたちの相関図が掲示されている。










そして、画家・佐野凛由輔によるウォールアートが。佐野は、King Gnuのアルバム「Sympa」のジャケットや、拡声器・椅子のペイント、「飛行艇」や「Slumberland」のミュージックビデオ内のアートワーク、グッズデザイン、勢喜と新井が「ドラム・マガジン」「ベース・マガジン」の表紙を飾ったときのグラフィックなど、King Gnuの世界観を様々な面で彩ってきた人物である。

ウォールアートのテーマは「トーキョーカオティック」で、様々な素材とカラーを用いて描かれている。見続けていると、たとえばテディベアやトラなど色々なものが浮かんで見えてくる。人によって見えるものが違うし、見続けることで見えるものがあるという点は、東京という街そのものだ。






以上が、本プログラムの内容だ。ここでは書ききれないほど細部にまで創作が施されているため、これから参加される方はぜひ目を凝らしながら、五感を全開にしながら、楽しんでいただきたい。なお、参加することが難しい方は、特設サイトにて「バーチャルツアー」を楽しむことができる。さらには、Instagramのストーリーズにて「どろん」と「Fly with me」の世界観を表現したARフィルターが無料配信されている(ストーリーズ機能から「エフェクトをチェック」をタップし「ginzasonypark」と検索)。


提供:Ginza Sony Park


音楽ライブと同様、アート作品にも、画像やデータにはパッケージしきれないものがある。生で触れることで受け取ることのできる、創作した人間のエネルギーというものがある。PERIMETRON、King Gnu、millennium paradeが作品に注いできた熱量を、曲・映像や音楽ライブとはまた違った形でガツンと受け取ることのできる場が「ヌーミレパーク(仮)」だ。これを「仮」とするのだから、彼らがこの先の未来でどんなものを生み出してくれるのかと想像すると、「期待」という言葉には収まり切らないほどの希望を抱いてしまう。


提供:Ginza Sony Park













「ヌーミレパーク(仮)」DIRECTED BY PERIMETRON
2020年10月21日(水)~2021年1月31日(日)東京都 Ginza Sony Park
OPEN 11:00 / CLOSE 19:00
※年末年始休園日あり
https://www.ginzasonypark.jp/gnu-millepark/