エステティシャンの想いを描き出すアニメが公開 loundraw・高橋李依・上田麗奈よりコメントも

一般社団法人 日本エステティック業協会は、アニメーション動画『十年分の私へ』を制作し、2020年10月26日(月)より公開することを発表した。

本動画は、「人の持つ悩みや夢に寄り添い、心身を美しく健やかに保つための施術を行う『エステティシャン』という職業の本質に触れていただきたい」という想いから制作されたもので、新進気鋭のイラストレーター・loundraw(ラウンドロー)が率いるFLAT STUDIOが制作を手掛けたコンセプトムービーとなっている。

物語の主人公は、モデルを志す「海(うみ)」(CV:高橋李依)と、彼女を支えたい想いからエステティシャンを志すようになる「咲(さき)」(CV:上田麗奈)という二人の女子高校生。最初は内気で自分の夢にも自信のなかった咲が、夢に向かって突き進む親友・海の姿を見て、次第に「誰かを支えたい」という自分の中にある想いと向き合うようになる。
loundrawならではの透明感あふれる映像の世界が、それぞれの夢と将来に向かって、時に迷いながらも歩み続ける少女たちの姿と心境を描き出していく。

登場人物
■画像右:咲(さき) CV:上田 麗奈
少し内気な性格だが、小さなことにも敏感に気づく優しさを持っている。夢を追う海に憧れを持ちながらも、彼女を支えたいという思いから、エステティシャンを目指す。

■画像左:海(うみ)CV:高橋 李依
活発で行動力のある性格。大雑把な面もあり、よく咲に注意される。モデルとして海外へ行くため、傷つくことも恐れず夢を追いかけている。

▼アニメーション動画「十年分の私へ」



本作品の公開にあわせて、出演者・制作スタッフの特別インタビュー・コメントが到着した。

■監督:loundraw (ラウンドロー)/ FLAT STUDIO 特別インタビュー
loundraw (ラウンドロー)氏

――本作品に込めた思いを教えてください。
生きる形は様々です。
表舞台で輝く人もいれば、それを支える人もいる。エステティシャンという職業も、一見すれば地味な仕事なのかもしれません。ですがそこには、誰かに安らぎを与えるという尊い使命があります。仕事に限らず、人は時に自らを過小評価してしまいます。ですが実は、誰にも気づかれないような小さなことの積み重ねこそが、世界を回し、変えているのです。
どんな人生も、自分の選択に誇りを持って生きてほしい。そんな願いを、少女二人の物語に託しました。

――注目してほしいシーンや、こだわったポイントを教えてください。
物語に登場する二人の、あらゆる意味での距離の描き方にこだわりました。
シーンごとに光と色の設計を細かく決めており、関係性や心境がセリフ以外の空気感から伝わるようにしています。注目していただきたいのは、舞台裏以降のシーンです。後半には、前半と同じ風景がいくつか出てきますが、演出を大きく変えているため、シーンが持つ雰囲気が別のものになっています。同じ景色も、心象で描き方を変える、アニメーションだからこそできる表現をお楽しみください。

――実際に、エステティックサロンで施術を受ける取材をされたということですが、作品づくりに影響はありましたか?
とても影響がありました。
内装や照明など、実際に足を踏み入れないとわからない雰囲気を感じられたことは、シーンのリアリティにとても繋がったと思います。そして、やはり一番のインスピレーションは、エステティシャンの方への取材と、施術体験でした。そこで感じた、人と人が一対一で向き合うことの大切さ、仕事への真摯さは、作中のキャラクターイメージを膨らませる際の大きな手助けになりました。

――イラストレーターとしてだけでなく、アーティストとしても幅広くご活躍されていますが、ご自身は進路に悩んだ経験や就職活動をした経験はありますか?
大学当時、進路にはとても悩みました。イラストレーター、アーティストという、何も確実なものがない領域を目指す手前、本当にこの仕事をしたいのか、やり切る覚悟があるのかを自らに問うのに、ずいぶん時間がかかりました。在学中に何度か就活もしましたが、社会や会社との対話の中で、自分の存在意義についてすごく思い悩んだ時期もありました。ですが、今となってはそれも、成長する過程で必要な時間だったのだなと感じています。

――夢に向かって頑張る方々へ、メッセージをお願いします。
夢は、自分がその価値を決めるものです。
人に笑われるような夢であったとしても、それが自分にとって何より大切な選択なのであれば、諦めないでください。
反対に、たとえ誰かに羨ましがられるような場所に立ったとしても、自分の心が満たされないのだとしたら、きっとそこには何もありません。
誰になんと言われたかではなく、自分で自分を認めてあげることこそが、夢を叶えるための何より大きな一歩目なのだと思います。
自分の中にある正しさを信じて、そして、いつかその正しさを世界に示してください。
応援しています。

<プロフィール>
イラストレーターとして10代のうちに商業デビュー。2019年1月アニメーションスタジオ《FLAT STUDIO》を設立。透明感、空気感のある色彩と、被写界深度を用いた緻密な空間設計を魅力とし、様々な作品の装画を担当する。2018年7月、監督・脚本・演出・レイアウト・原画・動画・背景と制作のすべてを手がけ、声優・下野紘、雨宮天らが参加した卒業制作オリジナルアニメーション『夢が覚めるまで』がバイラルヒット、2017年9月には自身初の個展『夜明けより前の君へ』を開催するほか、小説『イミテーションと極彩色のグレー』、漫画『あおぞらとくもりぞら』の執筆、音楽アート集団・CHRONICLEでの音楽活動など多岐にわたる。2020年6月、短編アニメーション映画をゴールとするメディア横断型企画《PROJECT COMMON》が始動した。

■声優(咲役):上田麗奈(うえだ れいな)コメント
上田麗奈(うえだ れいな)
素敵な人がもっとキラキラ輝くように支えていきたい、そう思って行動できる人だってすごくすごく素敵な人。
感情豊かで快活な海ちゃんと、素朴で淡々とした印象の咲ちゃん、この2人が、観ている側にとてもあたたかい気持ちをくれるようなムービーになっています。
私も完成したものを観た時、とても感動しましたし、この先も自信を持って生きていくためのパワーを頂けましたので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

<プロフィール>
富山県出身。81プロデュース所属。
主な代表作として、
『鬼滅の刃』(栗花落カナヲ役)
『フルーツバスケット』(草摩杞紗役)
『アイドルマスター ミリオンライブ!』(高坂海美役)
などがある。
また、ランティスレーベルよりアーティストとしても活動中。

■声優(海役):高橋李依(たかはし りえ)コメント
高橋李依(たかはし りえ)さん
この作品は、主人公のような海ではなく、咲の物語。
一瞬の描写や限られた言葉の中に、代わりのいない深い感謝が隠れているのを感じました。それもお互い。
そして今回、loundrawさんが全面的に指揮を取って下さり、この世界観に必要最低限の声を添えるような感覚で収録させていただきました。
「誰かを支える仕事」が題材のこの作品において、私も声で支えられていたらいいなと思ってしまいます。

<プロフィール>
埼玉県出身。81プロデュース所属。
主な代表作として、
『Re:ゼロから始まる異世界⽣活』(エミリア役)
『かくしごと』(後藤姫役)
『彼女、お借りします』(桜沢墨役)
などがある。
また、キングレコードレーベルより、『イヤホンズ』のメンバーとしても活動中。

■楽曲:小瀬村 晶(こせむら あきら)コメント
小瀬村 晶(こせむら あきら)氏
2月14日、loundrawさんと石井龍さん(※FLAT STUDIOプロデューサー)に初めてお会いしました。
その場で一緒に映像資料を拝見しながらお話をしたのですが、その段階ですでに、お二人には音楽に関する具体的なイメージがありました。
楽曲を制作していく過程では、2分という映像に対して約7秒間隔で具体的なリクエストがあり、作品に対するloundrawさんならではのこだわりの深さ/美意識の高さが、細部にまで宿った作品に仕上がっていると感じています。
僕にとって今回の作品は、初めてのアニメーション楽曲となるのですが、新進気鋭のスタジオである ”FLAT STUDIO” が、これから積み上げていくであろう輝かしい作品の一部になれたことをとても光栄に思います。

<プロフィール>
1985年6月6日東京生まれ。在学中の2007年にソロ・アルバム『Its On Everything』を豪レーベルより発表後、自身のレーベル「Schole Records」を設立。以降、ソロアルバムをコンスタントに発表しながら、映画やテレビドラマ、ゲーム、舞台、CM音楽の分野で活躍。主なスコア作品に、河瀨直美監督による長編映画『朝が来る』(カンヌ国際映画祭公式作品【CANNES 2020】選出)、ハリウッドで制作された海外ドラマ『Love Is__』、石田スイ全面プロデュースによる Nintendo Switch 用ゲームソフト『ジャックジャンヌ』、TBS系テレビドラマ『中学聖日記』、コンテンポラリーバレエ公演『MANON』、ミラノ万博・日本館展示作品などがあり、米Amazon オリジナル映画『ジョナス・ブラザーズ 復活への旅』や、フランス映画『Mais vous êtes fous(Losing It)』、東宝映画『思い、思われ、ふり、ふられ』でも楽曲が使用されている。

>>>動画の場面カットなど