中日・高橋周平 (C) Kyodo News

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた若松勉氏が、中日の高橋周平の良さについて言及した。

 若松氏は高橋について「去年からバッティングが非常によくなりましたよね。ようやく実力を出してきていますよね」と話す。

 具体的に高橋の良さについて若松氏は「呼び込みながら前さばきですよね。そのまま呼び込んで打ったら詰まってしまうんですけど、呼び込みながら前さばきするので、打球が非常にライナー性で強い打球が打てますよね」と説明していた。

 プロ7年目の18年に初めて規定打席に到達すると、昨季は打率.293をマーク。今季はここまで打率.310と3割を超えるアベレージを残している。

(ニッポン放送ショウアップナイター)