上野樹里

月9ドラマとして初めて2クール連続の放送となる上野樹里主演のドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、11月2日スタート、毎週月曜21:00~)の制作発表記者会見が24日、都内で行われ、上野のほか、共演者の風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、戸次重幸、平岩紙、板尾創路、山口智子が出席した。

本作は2019年夏クールに放送された第1シーズンと同様に各話で、主人公で法医学者の万木朝顔(上野)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)たちが、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな事件と遺体に相対していく様を描く。第1シーズンよりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合っていく展開になるといい、会見では東北でのロケ地となる陸前高田市の福田利喜議長からの激励の手紙が読み上げられ、これに上野が「また東北のみなさんと作品を作れることを嬉しく思います」と話しながら感極まる一幕もあった。

会見ではまた、この日参加できなかった時任からのビデオレターも公開され、「風間くん、いつも現場を仕切ってくれてありがとう!」と、朝顔の夫で平の元部下だった神奈川県警捜査一課の刑事・桑原真也役の風間を激励するコメントも。これに風間が「逆に言ったら、時任さんの器の大きさ、温かさの中でやらせてもらっているんです。時任さんに甘えっぱなし。こちらこそありがとうございます。時任さんは本当にかっこいい」と感激の表情を見せ、上野がさらに「風間くんがいる安心感たらないです!」と声をかけて風間を喜ばせた。

上野は「2月から撮影をしていまして、やっとこの日が来たという感じです。早く皆さんに見ていただきたいです。2クール連続で、この先もまだ朝顔のストーリーが続くということに驚きましたし、またそれと同時に監督、共演者、スタッフの皆さんとまた『朝顔』が作れることが楽しみでした」と感無量の表情。

今年は新型コロナウイルスの問題などがあり、「こういう状況ですけど気をつけることは気をつけながら、みんなで取り組んでいけたらいいなって頑張っています。このまま最後まで無事に、みなさんにドラマを届けることができればいいなって。この作品を通して命や、生きるということ、自分が生かされていることを感じながら、それを視聴者のみなさんにも伝えていきたい。みなさんには2020年の締めくくりとして楽しんで見ていただきたいです」と呼びかけた。

風間も「シーズン2が始まるんですけど、2月から撮っていたので、前作からそんなに空いた訳でもなく、続けて撮り続けていた感じ。日々(キャストが)会っている現場をドキュメンタリーのように切り取ってもらえている感じがします」と撮影の感想を述べる。また、風間は会見で、同じ事務所の後輩で、会見では少々恐縮気味だった森本にも積極的に話題を振るなど、先輩としての優しい一面を見せた。森本もこれに応えるように、会場を沸かせる発言を連発。SixTONESのメンバーに今回のドラマについて「“2クールやるの、羨ましいな”という声をいただきました。(ドラマが続くことを)みんなに喜んでもらえました」と声をかけてもらったエピソードなどを嬉しそうに明かしていた。