巨人・若林晃弘 (C)Kyodo News

○ 巨人 5 - 4 阪神 ●
<21回戦・東京ドーム>

 巨人の若林晃弘が、攻守に躍動した。

 1-0の2回の第1打席に二塁打を放つと、4-1の5回二死満塁の第3打席は、先発・西勇輝のスライダーをレフト方向に弾き返す適時打を放った。守っても、8回に中谷将大が放ったレフトフェンス際の打球をジャンピングキャッチの好捕。

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は「フェンスを怖がらず、素晴らしいプレーですよね。今日も打っていますし、打つ方でもだいぶ良くなりましたからね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)