再春館システム、新CRMフォーム提供 月額10万円から利用可能

再春館製薬所の子会社、再春館システムはこのほど、通販・EC事業者向けの新たなCRMプラットフォームを販売した。顧客LTVを把握・分析し、改善に向けたCRM施策を簡単に実践するサービスを提供する。サービスの月額基本料金は10万円から(初期費用除く)。
 
CRMプラットフォームの名称は「ダイレクトエンジン」。会員データやアクセス履歴などのデータと、ステップメールなどのCRMプログラムを組み合わせて、メール配信やウェブ接客サービス、顧客の分析などを行う。
 
販売はシナリオ型CRMの構築・運用を手掛ける情報工房との業務提携による。
 
CRMプログラムはメール配信やウェブ接客だけでなく、アウトバウンドやダイレクトメールなど、オフラインのリスト出力にも対応する。LINE配信やウェブ上の広告配信も可能だ。