西武・山野辺翔

○ 西武 2x - 1 ロッテ ●
<22回戦・メットライフ>

 西武が2夜連続のサヨナラ勝ち。3連勝で勝率を5割に戻し、2位・ロッテに4ゲーム差に迫った。

 西武は1-1の同点で迎えた9回、先頭の5番・外崎が四球で出塁すると、続く代打・呉念庭がスリーバントを決め好機拡大。その後、二死一、二塁となり、9番・山野辺が痛烈な右前打を放った。

 ロッテの右翼・福田秀の好返球で本塁打は間一髪のクロスプレーとなったが、二走・外崎が頭から突っ込みセーフ判定。ロッテの井口監督はリクエスト検証を要求したが、判定は覆らず西武のサヨナラ勝ちとなった。

 山野辺は前夜の9回もサヨナラ失策を誘う一打を放っており、2夜連続となる“サヨナラ打”。投げては白星はつかなかったものの先発・浜屋が7回1失点と力投。9回表のピンチを凌いだ増田が5勝目(0敗28セーブ)をマークした。