DeNA戦に先発した中日・福谷=ナゴヤドーム

○ 中日 6 - 1 DeNA ●
<19回戦・ナゴヤドーム>

 2位・中日が逆転勝ち。上位を争うDeNAを直接叩き、貯金を再び今季最多の5とした。

 中日は苦手としているDeNA先発・大貫の前に5回まで無得点。それでも1点を追う6回、先頭の2番・京田が右翼フェンス直撃の二塁打でチャンスメイクすると、3番・阿部が中前適時打を放ち同点。続くビシエドは逆転となる適時二塁打を左中間へ運び、先頭からの3連打で大貫をノックアウトした。

 さらに、6番・シエラの中前適時打で3点目を奪うと、7回は阿部の右越え二塁打のあとビシエドの左前適時打で4点目。8回はDeNA・笠井の乱調でダメ押しの2点を加え、阿部とビシエドはそれぞれ3安打2打点をマークした。

 先発の福谷は初回、DeNAの2番・オスティンに先制ソロを浴びるも、2回以降は尻上がりの内容。終わってみれば7回3安打1失点の快投で7勝目(2敗)を挙げた。

 DeNAは打線が計3安打と沈黙し再び借金1。先発の大貫は6回途中3失点で5敗目(9勝)を喫し、自身初の2ケタ勝利は次戦以降に持ち越しとなった。