「楽天市場」、ビデオ通話で中古品の買取査定 販売時にオンライン接客する取り組みもスタート

楽天は10月20日、宅配買取サービス「楽天買取」において、ビデオ通話システムを使用して中古品の査定をオンラインで受けられる「ビデオ通話査定」機能の提供を開始した。さらに、中古品販売時にビデオ通話で現物を確認できる「オンライン接客サービス」の提供も開始。コロナ禍で非対面接客のニーズが拡大する中、オンラインでの接客機能を強化している。
 
「ビデオ通話査定」機能によりユーザーは、中古品の中でも特に査定ニーズが高いブランドバッグや腕時計などの対象商品カテゴリの品について、ブラウザ型のビデオ通話システムを通じて各店舗による商品査定を受けられるようにした。

利用の際は、ユーザーが不用品の買い取りを依頼する各店舗の申込ページより「ビデオ通話査定」を実施する日時を選択・予約し、予約した日時にメールなどで事前に案内されたURLにスマホやパソコンからアクセスすることで、各店舗の担当者とビデオ通話を行うことができる。

対象店舗は、特に高額のブランド品の取り扱いが多い2店舗となっている。


【「ビデオ通話査定」対象店舗(10月20日時点)】

「キングラム 楽天市場店」
対象ジャンル:バッグ・腕時計、ジュエリー
URL:https://www.rakuten.ne.jp/gold/kingram/

「ロデオドライブ 楽天市場店」
対象ジャンル:ブランドバッグ・雑貨、時計、貴金属・金・ジュエリー、靴
URL:https://www.rakuten.co.jp/rodeo-drive/  


「楽天買取」ではこれまで、オンラインで取り引きができる利便性の高さが多くのユーザーの支持を集める一方で、査定結果を受け取るまでのプロセスが対面での査定と比較して見えにくいため、「査定金額の詳しい理由が知りたい」などの声が寄せられていた。

昨今ではコロナ禍における新しい生活様式に合わせて、より一層非対面でのやりとりへのニーズも高まっている。「ビデオ通話査定」機能は、このようなユーザーのニーズと現在の状況を考慮し、オンライン取引の利便性をさらに向上するために導入した。


中古品販売でも「オンライン接客」
「楽天市場」では中古品販売時にビデオ通話を活用して接客を行う「オンライン接客サービス」の提供も開始した。

【「オンライン接客サービス」対象店舗(10月20日時点)】

「GINZA RASIN 楽天市場店」
対象ジャンル:腕時計
URL:https://www.rakuten.co.jp/auc-rasin/  

「バイセルオンライン 楽天市場店」
対象ジャンル:バッグ、腕時計
URL:https://www.rakuten.ne.jp/gold/brandox/

※「ビデオ通話査定」の対象となっている「キングラム 楽天市場店」「ロデオドライブ 楽天市場店」も「オンライン接客サービス」に対応


「オンライン接客サービス」は4店舗から開始し、順次対象店舗を拡大する計画だ。