諏訪部順一が語る詐欺師・ローラン!!  『GREAT PRETENDER』最終章CASE4最新PVもチェック!!

『鬼灯の冷徹』『91Days』などの鏑木ひろが監督を務め、『ALWAYS 三丁目の夕日』『コンフィデンスマンJP』などのヒット作を手掛ける脚本家・古沢良太がTVアニメシリーズの脚本・シリーズ構成に初挑戦する、オリジナルアニメ『GREAT PRETENDER』の最新情報が到着! メインキャストを務める諏訪部順一のコメントにもぜひご注目を!!

本作は『新世紀エヴァンゲリオン』『サマーウォーズ』の貞本義行がキャラクターデザイン、『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』など、ハイクオリティな映像で話題作を続々手掛けるWIT STUDIOがアニメーション制作と、鏑木ひろ、古沢良太らジャンルを超えた今世紀最強のチームが贈る、詐欺師たちの活躍を描いたオリジナルアニメーション作品。

現在フジテレビ「+Ultra」ほかで放送中およびNetflixで配信中の本作が、2020年10月21日(水)よりついに最終章となるる「CASE4:ウィザード・オブ・ファー・イースト(極東の魔法使い)」の放送が開始される。
新たなCASEの放送に向けて、最新映像を収録した ”CASE4 PV” が公開された。

詐欺から足を洗うことを決意し、日本へと戻ってきたエダマメは、貿易会社「スカーレット商会」に就職。だが、そこは人身売買を生業とする凶悪な犯罪組織だった!!

今回のターゲットは、東京・上海の組織で、裏社会の女帝・朱雀アケミ(CV:高島雅羅)と上海マフィアのドン・劉暁(CV:坂口周平、瞳音)。
さらに、”魔法使い” と呼ばれる謎の男・オズ(CV:咲野俊介)も登場し、ふたつの都市を舞台にした、組織の対立を描く危険なコンゲームが始まる。

また、これまで謎に包まれてきたローランの過去もついに明かされます。ローランが愛した女性、ドロシー(CV:小松由佳)の存在を中心に、過去から現在までを結ぶ壮大な物語が展開。大きなクライマックスへと向かっていくところも見逃せない。

全9話にわたって描かれる最大の事件に挑むコンフィデンスマンたちの姿と、全ての謎が明らかになる予想外の結末をお楽しみに!

>>>PVからの場面カットを見る

(C)WIT STUDIO/Great Pretenders



【ローラン役:諏訪部順一コメント】
――作品の印象をお聞かせください。
あっと驚く展開が続くのはもちろんのこと、各CASEの最終的な落とし所にしっかりとカタルシスがあるんですよね。非常に清々しく、視聴後の気分が望外良いです。ビジュアルもサウンドもこだわりを強く感じますし、何ていうか……とてもクールです。

―ーローランのキャラクターの魅力を教えて下さい。
自分とキャラクターを同一視している訳ではないのですが、ローランという人物に入り込んではおりますので、魅力というものを客観的に語ることはとても難しく。むしろ逆に、「彼のどんなところに魅力を感じますか?」という質問を投げかけたいところです。
とりあえず、もっともっと彼を演じたいと強い願望を抱かせてくれる人物であることは間違いありません。

――最近、「騙された!」と思ったことは?
外食の際、お店のメニューを見て「これだ!」と決めて注文した品が、実際に出てきたら「あんた誰やねん!?」レベルの別物なビジュアルだった時ですね。まぁ、そんな程度です(笑)。

――CASE4の見所をお聞かせください。
いよいよローランのバックボーンが掘り下げられていくことになるのか!?
ここまでご覧下さったあなたは、間違いなくこの先もご覧下さるはず!
何はともあれ間違いなく、引き続きお楽しみいただけると思いますので、最後まで『GREAT PRETENDER』をよろしくお願いします。


【最新PV】


【ローランをイメージしたアートワークを公開!】
人気イラストレーターで、本作のコンセプトデザインを手掛ける丹地陽子によるアートワークを公開!
大量の紙幣が舞い降りる中、陽気な雰囲気のローランをイメージしたイラストが描かれている。


(C)WIT STUDIO/Great Pretenders