サイドガラスは上ヒンジ! 日本初のファストバックスタイルは三菱の水島製作所が作ったこの車|1968年式 三菱 コルト1000F 2ドアDX Vol.1

1968年式 三菱 コルト1000F 2ドアDX Vol.1

オート三輪の分野で名を知られ、1960年代には軽自動車のミニカや三菱360バンなどを手掛けたのが、三菱の水島製作所である。技術レベルの高さに定評があった水島製作所は、1965年11月に個性的なフォルムのファミリーカーを市販に移した。日本で初めてクーペ風のファストバックスタイルをまとい、サイドウインドーにカーブドガラスを採用して新鮮な感覚を打ち出したコルト800だ。

 そのネーミングから分かるように、コルト600の事実上の後継モデルである。独立したトランクを備えているが、平凡なシルエットになることを嫌い、ルーフエンドからリアガラス、トランクまでを一直線につないだ。また、リアエンドのパネル面をえぐり、スポーティームードを高めた。ヨーロッパでも採用例がほとんどなかったファストバックを、時代に先駆けて採用したことは卓見と言えるだろう。

 デビュー時は2ドアモデルだけの設定だった。フロントシートはベンチシートとセパレートシートが用意されている。エンジンもユニークだ。リードバルブを採用した843ccの水冷2サイクル直列3気筒で、トランスミッションはコラムシフトとコラムシフトの4速ATを組み合わせた。

 コルト800はセンセーションをもって迎えられたが、4サイクルエンジンを好む保守層に敬遠され、販売は伸び悩んだ。そこで1966年9月に、4ドアセダンのコルト1000と同じ977ccのEK43型直列4気筒OHVエンジンを積んだコルト1000Fを発売している。エクステリアとインテリアはコルト800と同じだが、エンブレムなどが新しくなっていた。

1968年式 三菱 コルト1000F 2ドアDX Vol.2に続く

上に開くサイドガラスなど、全ての画像を見る【写真7枚】