ボクシング元世界チャンピオン・山中慎介 “KO”の瞬間は「拳に感触は残っていないです」
リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。9月23日(水)の放送は、番組内のコーナー「JOGLIS×スカロケ アスリート・レッスンsupported by リポビタンJELLY」(毎月第4水曜放送)に、ボクシング・第29代WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介さんがゲストで登場。この日、本部長代理をつとめたアンガールズ・田中卓志さんと秘書・浜崎美保が、今後のスポーツ界のあり方などを伺いました。


(左から)田中卓志さん、山中慎介さん、浜崎美保



「JOGLIS×スカロケ アスリート・レッスンsupported by リポビタンJELLY」では、コロナ禍でのスポーツの在り方、リモートやオンラインでのスポーツの新しい見方・楽しみ方、延期された東京オリンピックについて……など、今の時代ならではの“スポーツの気になる話”を伺っていきます。

この日のゲストは、ボクシング・第29代WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介さん。高校時代からボクシングを始め、2006年にプロデビュー。「神の左」と称される左ストレートを武器に勝利を重ね、2011年にWBC世界バンタム級のタイトルを獲得。さらに世界王座防衛回数は12回で、具志堅用高さんの持つ13防衛に次ぐ日本歴代 2 位の記録を持っています。

また、通算成績は31戦中27勝2敗2分け、うちKO(ノックアウト)での勝利が19という輝かしい戦績を残されています。

*  *  *

◆「僕はキレで倒すタイプ」
田中:KOの数がすごいですね!

山中:そうですね。世界戦で多くのKOができましたし、気づけば具志堅さんの防衛記録にあと1回で並べたという。並ぶことはできなかったんですけど、気づけば12回防衛できました。

田中:(具志堅さんの記録は)“一生破られないかも”っていう記録だったんですけど、そこにリーチをかけたということですもんね。スゴすぎます! 俺も試合は何試合か観させてもらっていまして。

山中:ありがとうございます。

田中:どういうKOが1番気持ちが良かったですか? 動画をいろいろ観ていたら、(山中さんに)殴られた瞬間に“ストーン”と下に落ちるタイプとか、相手が“嫌だ”って逃げ始めたりとか。

山中:そうですね。(相手が)逃げ始めるっていうのは、自分では“(相手の)心を折った”という感じなので、それはそれで気持ち良いんですけど。先程言われた真下に落ちて崩れる、っていうのは本当に気持ち良いですし、お客さんも“倒した!”って明らかに分かるじゃないですか。

田中:個人的には、どれも捨て難い?

山中:そうですけど、やっぱりインパクトのある倒し方。真下に落ちるパンチで倒したことは、2度目の防衛戦で1度あるんですけど、その倒し方をしようと常に考えて練習はしていましたね。

田中:ストレートで倒すときとフックのときもありますよね?

山中:いろいろなパンチがあるんですけど、世界戦ではほぼ“左ストレート”で倒しています。ここまでパンチの種類が打てない選手は珍しいですね(笑)。

田中:(パンチが)顎に“グッ”て入ったり、顔のこめかみのあたりに入って倒すときがあるじゃないですか? どっちが“倒した感触があった”とかはあるんですか?

山中:僕の場合は、結構“ガツン”というよりもキレで倒すタイプなので、拳に感触は残っていないですね。相手が倒れているときは、大体手に感触はないです。

浜崎:そういうものなのですか?

山中:逆に“痛いな”と思うと倒れないですね。

田中:へぇ~、そうなんだ! じゃあ、ほかの選手のなかには、手ごたえがあったときのほうが(相手が倒れている)という人も?

山中:そういう人もいるでしょうけど、僕はキレで倒すタイプですね。

◆今後のスポーツ界の盛り上げ方
浜崎:山中さん。ぜひ、今後のスポーツのあり方などもリスナーの皆さんに教えていただきたいと思います。コロナ禍になりまして、どんどん形が変わってきていますが、ボクシングをはじめ、今後のスポーツはどういうふうになっていくと思いますか?

山中:こういった状況で、いろいろとみなさん工夫されているでしょうし、昔に比べて、いろいろな(スポーツが観れる)専門チャンネルができましたよね。

田中:僕も観ていますよ。

山中:昔は、野球やサッカーくらいしか専門的なスポーツチャンネルがなかったんですけど、今は(いろんなスポーツが)番組やネットで観れたりするので、そういったところもどんどん広げてもらえればと。

田中:ボクシングって、特に最近ネットで観る人がかなり増えていますよね。

山中:そうですね。実際にDAZN(ダゾーン・スポーツ専門の動画配信サービス)でもいろんな世界戦なども放送していますし。そういった、さまざまなスポーツを専門チャンネルで観てもらえれば、スポーツ自体に興味を持っていただき、また違うスポーツにも興味を持つと思うので、それでまたさらに盛り上げて欲しいですよね。

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月~木曜17:00~19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/