JAMU、デジタルプラットフォーム「Fanplayr」にGoogle人工知能を利用したAIレコメンドをリリース

シリコンバレー発のデジタルプラットフォーム「Fanplayr(ファインプレイヤー)」を日本国内にて提供するJAMUは10月15日、「Fanplayr」において、「Google」のRecommendations AIとの連携ソリューション「Fanplayr AI レコメンド」の提供を開始した。

世界1500社以上の導入実績を持つという「Fanplayr」は、ECサイトに来訪したユーザの行動を解析し、AIと機械学習を使用した高度な施策により利用企業の利益構造の改善を図るデジタルプラットフォーム。

今回提供を開始した「Fanplayr AI レコメンド」は、顧客の好みをAIが学習し、一人ひとりの趣味や好みに合わせたパーソナライズ・レコメンドを通じて、より高度なONE to ONEマーケティングをリアルタイムで実現するソリューション。「お客さまが求めている商品との出会い」をアシストすることで、最高の顧客体験、買い物体験を提供するとしている。



今回「Fanplayr AI レコメンド」により実装するのは、顧客の閲覧履歴または閲覧中の商品に基づき、閲覧中の商品ページにてその顧客へのおすすめの商品をレコメンドする「Others You May Like」機能。顧客の買い物または閲覧履歴に基づいて、購入する可能性が最も高い商品を予測し、レコメンドする「Recommended For You」機能。特定の商品について頻繁に一緒に購入されるアイテムを予測し、また買い物カゴなどで商品リストが表示されている場合にも、その商品リストで頻繁に購入されている商品を予測する「Frequently Bought Together」機能。直近の閲覧履歴を最新順で表示する「Recently Viewed」機能となる。