「君はなんで役者をやっているんだ?」ウエンツ瑛士がロンドンのオーディションで突き付けられたもの
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。9月24日(木)のお客様は、作家・演出家の鴻上尚史さんとタレントのウエンツ瑛士さん。実は初対面となる2人が共通項でもある「ロンドン留学」について、あれやこれやと振り返ります。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)ウエンツ瑛士さん、鴻上尚史さん


◆海外に出ることのすすめ

ウエンツ:自分の主張とか意見って、すごく大事にしなきゃいけないじゃないですか。特にロンドンだとオーディションに行っても、1番最初に聞かれる質問って、「君はなんで役者をやっているんだ?」って。「君は何がしたいのか」なんていう質問は、絶対に日本のオーディションでは聞かれなかったことなんですよね。

でも向こうだと、ほぼ100パーセントと言っていいくらい、「君は何を考えているんだ?」っていうことを常に問われていた感じがして。きっと向こうにいなかったら、本当に真剣になって自分自身と向き合えなかったと思います。

鴻上:だからこの放送を聴いて、「1回は海外に出てみようかな」と迷っている人がいたら、海外に出た方が良いと僕は思うんだよね。とりあえずコロナが収束しないとダメなんだけど、外に出てみるのが良いんじゃないかなと。今日本では海外に出る人が減ってきていますよね。

僕がウエンツさんくらいの歳には、海外に行くと、アメリカもイギリスもフランスでもそうなんだけど、向こうから歩いてくる人が「アジア人だな」と思ったら、大体日本人だったんだけど、今ではほとんどが韓国の人か中国の人で。

ウエンツ:確かにそうだった。

鴻上:海外で日本人に出会うことが、本当に少ないんだよね。だから日本人って本当に海外に出なくなったなと思って。ストリートビューで街を歩いたみたいな疑似体験ができるかもしれないけど、でも出た方がすごく良いのになって思う。

ウエンツ:それこそ言葉(英会話)は、ロンドンの方と毎日繋がってレッスンができていますけど、(ロンドンに行ったことで得た)そうじゃない部分の財産っていうのは、本当に大きいなって思います。

◆演劇の根源的なものに触れる

鴻上:ウエンツさんが読んでくれた「ロンドン・デイズ」って本は、小学館文庫から出ています。追いかけるように宣伝していますけど(笑)。

ウエンツ:お願いします。

鴻上:これって、それこそ真田広之さんとかも読んでくれていて。海外に行く前にすごく勉強になったっていう声を人づてに聞いて。だからウエンツさんに「頑張れ!」って思わずツイートしたのは、海外で頑張ろうとする日本人をすごく応援したいからなんですよね。

ウエンツ:現地で日本の方に会ったときに、「お互いに頑張ろうぜ」感って、すごくありますよね。日本で受けたことがない“頑張ろうぜパワー”ってあると思いますし。また「ロンドン・デイズ」に書いてあることが、本当に僕が行って経験したのとまったく同じで、このタイミングで風邪をひくっていう所で、ちゃんと風邪をひいているし(笑)。

鴻上:でも母国語を話すことを封じられるのって、ものすごくアウェーだからつらいですよね。

ウエンツ:でも、言葉がそんなに重要じゃないということにも、1回は気づける瞬間があって。

鴻上:気づきましたか! 本当ですか!

ウエンツ:僕は1回ありましたね。言葉の正確さをそれほど重要視せずにしゃべっているイタリア人とかスペイン人が、いっぱいいるじゃないですか。本当に勉強になるんですよ。ハチャメチャな英語を使いながら、僕に説教をしてくるんですよ。「君の英語は全然違う」「いや、お前のほうが全然違う」とか言い合いながら。

でも気持ちが乗っかっているから「そういう会話の仕方もあるんだな」って。演劇で例えれば、演劇のセリフの意味が分からないけど、感情のやり取りが見えるから思わず泣いてしまうことを考えれば、そんなに英語のセリフが上手に言えてなくても、お客さんに何かを伝えることができるんだなって。そういうことがわかると、自分自身(アイデンティティ)がいかに大事かっていうことも顧みましたし。

鴻上:確かに、ラテン系の人たちの「英語? 別にいいじゃん、簡単じゃん」って。なんとなく言ってることは分かるけど、意味よりも感情が伝わってくるぞっていうのはすごいことですよね。

ウエンツ:もしかしたら、それって演劇の根源的なものなんじゃないかなっていうことをすごく感じました。だったら、そこを膨らます作業って、日本でも絶対にできるはずなので、もっとやりたいなって思いました。すごくそこも勉強になりましたね。

*   *   *

鴻上尚史さんの作・演出による舞台「KOKAMI@network vol.18『ハルシオン・デイズ2020』」が10月31日(土)から紀伊國屋ホールで開催されます。詳しくは公式サイトをチェック!

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

10月19日(月)西野七瀬さん×ハリセンボン近藤春菜さん
10月20日(火)堺雅人さん×東京03
10月21日(水)佐藤健さん×川村元気さん
10月22日(木)中井貴一さん×大根仁さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/