ミュウジアムの展示車両に一目惚れ! 2年間探し続けたオーナーの前に現れたのは?|72年式 日産 スカイライン 1800 バンデラックス Vol.3

今回紹介する古川隆義さんのスカイラインバン(ハコバン)は、72年式の1800バンデラックス。C10系ハコバンとしては、最終仕様といえるモデルだ。
 
 古川さんはかつてケンメリに乗っていたが、茨城にあった(現在は閉館)「プリンス&スカイライン・ミュウジアム『レッドパーク』」を訪れた際、展示してあったハコバンにひと目ぼれしてしまったのだ。

 レッドバークで撮影した写真を手に、あちこちのショップやネットオークションを探したようだが、現存数が少ないこともあり、売りに出ているハコバンを見つけることができなかった
 
 しかし、探し始めて2年ほど経った頃。たまたま「プリンスガレージかとり」で売りに出ている個体を見つけた。

 すぐに連絡を取って出向いたそうだ。これまでの経緯を説明したところ、奇跡なのか、巡り合わせなのか、目の前のハコバンがまさにレッドパークの展示車両そのものだったことが判明したのだ。

「バンにしてはボディの状態が良かった。ですので、車高を下げたり太いタイヤを履かせるのはやめて、ノーマルの状態を維持しようと決めました」

 念願かなって2006年3月にオーナーとなった。ボディの状態は良かったが、シートが破れているところが気になっていた。そこで、もともとはゴールドの内装だったが、生地が手に入らないため、純正に近いブラックでシートや内張りの張り替えを実施。また、ホイールは板金と再メッキを施し、輝きを取り戻すなど、貴重なハコバンのコンディション維持に努めている。もちろん、G18型エンジンによる軽快な走りも、ドライブに出かけて堪能している。

水冷直列4気筒SOHCのG18型エンジンなど、全ての画像を見る