「アリスさんちの囲炉裏端」第1話の扉ページ。

本日10月17日に発売されたウルトラジャンプ11月号(集英社)にて、キナミブンタの新連載「アリスさんちの囲炉裏端」がスタートした。

「アリスさんちの囲炉裏端」は、囲炉裏を囲んでの料理を食す様子を描くグルメマンガ。バスも通っておらずコンビニもない片田舎に住む青年・はるみは、古い家を引き継ぐために東京から引っ越してきた幼なじみで年上の女性・アリスの元を訪れる。最後に会ったときから10年のときが経っており、すっかり女性らしく成長していたアリスに、時の流れを感じさせられるはるみ。第1話では、そんな2人が囲炉裏で作った炭火焼きサンドイッチを食すことになる。