神木隆之介 自分で売り込むくらい「“やりたい!”と思った憧れの役でした」“これまでに演じた忘れられない役”とは?
DAIGOがパーソナリティをつとめ、健やかな暮らしをキーワードにお届けするTOKYO FMの番組「DAIGOのOHAYO-WISH!!」。10月4日(日)の放送は、先週に引き続き、神木隆之介さんが登場。ここでは、神木さんがこれまでに演じたなかで“忘れられない役”と話す、映画「るろうに剣心」瀬田宗次郎役について語りました。


DAIGO、神木隆之介さん


◆映画「るろうに剣心」瀬田宗次郎役への思い…
DAIGO:今は、公式YouTubeチャンネル「リュウチューブ」もやって、しっかりと更新もしていて。

神木:ありがとうございます。

DAIGO:ちなみに、これまでに演じたなかで忘れられない役柄は?

神木:1位は、映画「るろうに剣心」(の第2作、第3作に登場する)瀬田宗次郎役です。忘れられないですね。これには、けっこう不思議な物語がありまして。第1作の撮影が始まった頃かな?(当時、漫画「るろうに剣心」が映画化されることなど)何も知らないで、瀬田宗次郎が表紙になっている漫画を買っていたんです。事務所の人たちに「これ、僕に似てないですか?」とか言って売り込みをして、みんなから「本当? そう?」みたいなことを言われても、「いや、似ているじゃないですか? 微笑んでいるやつとか……」「えー?」とか言うやり取りがあって。「まさか、実写化とかしたりする話ってあるんですか?」って聞いたら、「今、佐藤健がやってるよ」「え? 俺、出ないんですか?」「いや、もう撮影が始まっているし……」と。

DAIGO:始まっていたんだ……。

神木:そう。「じゃあ、2があったら出たいな!」と言ったら、「2があるかどうかも分からないし……」と言われて。本当に撮影が始まった当初で、先の情報はまだ何も出ていない状況だったらしく。そこで、逆に役が来ることを想定して“じゃあ、最初から役作りをしておけばいいや”と思って、瀬田宗次郎というキャラクターの技などを勝手に(練習)していたら、役が来てくれました。「次、瀬田宗次郎です」って。

DAIGO:すごいね! 超、引き寄せたね!! 自分で取ったね。

神木:引き寄せました。それくらい“やりたい!”と思った憧れの役でした。

DAIGO:すごいっすね。隆だったら、普通に来そうなのに。そこまでの努力がすごい。

神木:売り込みました(笑)。

DAIGO:自分がやりたいことを常に口に出すことは大事だね。“言霊”って言うんですかね。

神木:そうですね。

<番組概要>
番組名: DAIGOのOHAYO-WISH!!
放送エリア:TOKYO FM/FM大阪/ FM AICHI
放送日時:TOKYO FM:毎週日曜 9:30~9:55
FM大阪、FM AICHI:毎週日曜 8:30~8:55
パーソナリティ:DAIGO
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wish/