火将ロシエルがコスプレイヤーを目指した“原点”を語る「なぜか兄がメイド服をくれて…」

コスプレイヤーとして活躍しながら、コスプレイヤーたちが活躍できる道を切り開くため、自ら会社を設立した火将ロシエル。なぜ、コスプレイヤーの道へと進んだのか。そして、コスプレイヤーの地位向上のため、またプロのコスプレイヤーとしてどんな活動をしているのか…? その思いを聞いた。(前後編の前編)

【写真】絶対領域も眩しい、火将ロシエルのミニスカチャイナ服コスプレ姿

——「コスプレイヤーが活躍できる道を切り開く」を目標に掲げた株式会社「コプルト」を16年に立上げ代表を務めていますが、どういう経緯で設立されたのですか?

ロシエル コスプレを始めてからしばらくして、ゲーム会社さんなどのオフィシャル企業さんから正式な“お仕事としてのコスプレ”を依頼されるようになったんですよ。そうした中、クライアントさんからは「コスプレイヤーが仕事をちゃんとしてくれない」という話も聞くようになって。どうやらコスプレ=趣味の延長線のままという意識の子が多く、イベントのドタキャンや遅刻が頻繁に起こったそうなんです。ならばちゃんとコスプレイヤーを職業として確立できるように会社を立上げれば、クライアントさんも安心してコスプレイヤーに仕事を与えられるんじゃないかな? と思って立ち上げたんです。今はコスプレも文化として認知されて、プロのコスプレイヤーさんがモデルや声優、女優さんのお仕事に携わるようになってきました。コプルトにもコスプレを趣味から仕事に変えていきたいという子がたくさん増えて、私がコスプレを始めた頃には考えられないぐらいすごくステキな状況でうれしいです。

——そもそものコスプレを始めたキッカケは?

ロシエル ある日、私の誕生日に今まで一度もプレゼントをくれなかった兄が、なぜかメイド服をプレゼントしてくれたんですよ。しかも丁寧に夏用、冬用の2着を。



——……なぜ?

ロシエル 兄はフィギュアの原型師で、美少女系アニメやゲームが好きなオタクなので、作品に出てくるような可愛い女の子に妹もなってほしいのかな? 理由は怖くて未だに聞けていません。すぐに押し入れにしまって封印しました(笑)。

——アハハ! ではそのメイド服に袖を通すキッカケは?

ロシエル 兄からプレゼントをもらった頃の私は、生きる気力がないほどの暗黒時代を過ごしていて(苦笑)。そこでたまたま観ていたテレビに、しょこたん(中川翔子)が出ていたんですよ。フランス人形のような可愛い子が「ギザかわゆす!」という意味不明な言葉を叫んでいる姿に衝撃を受けて。すぐネットで調べたら「しょこたんブログ」が出てきて。毎日ブログを読むことを生きがいにしていたら、ある日のブログの中に「人間、生きた証を残してから死んだ方がいい」という言葉が書かれていてすごく感動したんですよ。私も何か生きた証を残したい! と考えたとき、しょこたんがブログにコスプレ写真を上げていたので、そうだ、押し入れにしまったメイド服! と思い、取り出して着てみたんです。

——袖を通し、鏡で自分の姿を見たとき、どういう気持ちでした?

ロシエル 「可愛いお洋服だなぁ」と思いました。この頃の私は私服が全身真っ黒で超センス悪くて(笑)。こういうフリフリの服を着るの、私楽しいかも! って。そんなとき、兄がフィギュアの即売会に出展するから、そこでメイド服を着て売り子をやってほしいと言われて、イベントデビューすることになったんです。

——イキナリ人前でコスプレをするのは、相当な勇気が必要だったかと。

ロシエル 最初はメチャクチャ戸惑いました。ただ、不思議と衣装を着ることで自信が溢れてきたんですよ。「こんな衣装着ちゃう私、スゴイ!」って。しかも兄の友人さんたちに「可愛いね」と褒めていただき、思わず調子にノッちゃって(照笑)。そのことを兄に話したら、今度はキャラモノのコスプレをやったらどう? と勧められ、おぉ~! やってみるかぁ!! って。そこからはドンドンコスプレにのめり込んでいきました。しょこたんと兄には感謝しかありません。

——ちなみに、お兄様は今の活躍を見て喜んでいるのでは?

ロシエル メチャクチャ喜んでくれています。ツイッターにコッソリ、イイネ! をしてくれたり、雑誌に出たらそのページをファイルに入れて保存してくれて。あとイベントに参加していて、お客さんだと思って手を振っていたら兄だったとか(笑)。

※後編<火将ロシエルが語る譲れないこだわり「鎖骨や谷間で“フェチ心”をくすぐる」>は18日(日)午前7時公開予定です。

▽かしょう・ろしえる
6月19日生まれ。株式会社コプルト代表。プロコスプレイヤーとして数々のメディア出演や、メイドカフェ「猫耳メイド屋」のプロデュース、アパレルブランドとのコラボレーション商品の制作など、勢力的に活動の幅を広げる。グラビア界でも活躍中で、数々の雑誌で表紙をつとめる。
Twitter @Kasyou3roshieru

【あわせて読む】火将ロシエル、1年前のセーラーヴィーナスコスプレが時を超えて大反響「まさに女神」