販売期間は1年半! アラバスターホワイトで「白いクラウン」のイメージを一新|70年式 トヨタ クラウン ハードトップ SL Vol.1

トヨタとハードトップの歴史は長い。

1965年、日本初となるBピラーのないハードトップとしてデビューしたのはミドルクラスのRT50系コロナで、1968年にはアッパーミドルの初代コロナマークⅡ、そしてアッパークラスの3代目S50系クラウンと、時代をリードするべく各カテゴリーにハードトップを送り込んでいる。ライバルの日産がハードトップを発売するのは、1970年のC30系ローレルまで待たなければならなかったことを考えると、トヨタの先見性がうかがい知れるエピソードだ。

 さて、クラウンハードトップ(MS51)は、3代目S50系のフルモデルチェンジから1年以上遅れた1968年10月にデビュー。満を持して発売されたものの、セダンより発売時期が遅れてしまったこともあり、前期型は1年も経たないうちに販売が終了。後期型も約1年半という短い販売期間しか与えられなかった。だが、実用性よりもフォルムの美しさや性能、高級感をうたったハードトップならではの個性が重なり、意外にも現存する個体の数はそれなりに多い。

 そんなMS51に再び光を当ててきたのが、横浜の「クラウンクラシックス」で、ここで紹介する一台は、新車当時の美しさをそのままに、メカ部分を130系クラウンのそれにアップデートした、見てよし走ってよしの傑作なのだ。

ベースとなったのは、ヘッドライトが大きくなり、フロントからサイドにかけてのコーナーレンズが装備されない後期型。下地処理の段階から抜かりなく整えられたボディに塗られる色は、S50系クラウンの代名詞ともいえる白なのだが、純正設定のシュノンソウホワイトではなく、メルセデス・ベンツのアラバスターホワイトとし、従来の「白いクラウン」との差別化、そして進化を決定づけている。

セダンよりも55mmほど全長が短くなるハードトップの端正なプロポーションなど、全ての画像を見る