『呪術廻戦』作曲家&音楽Pオフィシャルインタビュー公開!

TVアニメ『呪術廻戦』の音楽を手掛ける3人の作曲家――堤博明、照井順政、桶狭間ありさと、音楽プロデューサーの小林健樹によるオフィシャルインタビューが公開された。

TVアニメ『呪術廻戦』は芥見下々による同名漫画が原作。類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、ある日学校に眠る『呪物』の封印が解かれたことで、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく。異才が拓く、ダークファンタジーの新境地だ。
独特の作品世界を彩る劇伴が、どのようなイメージで生まれたのか……? 音楽制作の裏側に迫る貴重なインタビューはこちら!
──今回は3名で音楽を分担して担当するという珍しいスタイルですが、どういう経緯でそうなったのでしょうか?

小林健樹(以下、小林) 芥見先生交えて打合せをさせて頂いた時に、先生からはビリー・アイリッシュやスタイリッシュな方向を提示されました。それにプラスオンで朴監督からはヒップホップやロックが欲しいと希望がありましたので、アニメにも寄り添いながら個性的な曲が作れる、堤さん、照井さん、桶狭間さんに託すことになりました。私は、堤さんとは『Dr.STONE』で、照井さんとは『宝石の国』の主題歌で、桶狭間さんとは朴監督の『The God of High School』でそれぞれご一緒したことがあるので、いただいたオーダーの内容でこの三名にお願いできれば、作品に寄り添いつつ化学反応を起こしておもしろい音楽になるのでは、と考えたんです。

──3人での分業と聞いたときは、それぞれどんなお気持ちでしたか。

堤博明(以下、堤) 自分は『Dr.STONE』のとき等に複数の作家での制作を経験したのですが、お互いに刺激をもらえたりして楽しく、成長出来る実感があったんです。だから今回も、他のお二人の感性を吸収し、盗ませてもらおうと(笑)。それに(分担することで)自分が担当する楽曲をより尖らせて作ることができるので、それもチームで劇伴を担当する強みだなとも思いました。

照井順政(以下、照井) 僕はまず劇伴の仕事自体、この作品がはじめてだったので。はじめての作品を3人でやらせていただけるのは、ありがたかったですね。いろいろと勝手がわからない部分もあったし、自分個人の作品の作業と並行してどういう進めていけばいいのかという面でも、経験豊富な堤さんや桶狭間さんとご一緒できて心強いなと思いました。

桶狭間ありさ(以下、桶狭間) 私も、はじめて「3人でやります」と聞いたときは「すごく楽しみだな」と思った記憶があります。堤さんはたくさん経験をお持ちの方で、劇伴も多くの作品に参加していらっしゃいますし。照井さんはご自身のバンドや歌モノの作曲でキャリアを積んでいらっしゃって、事前に楽曲を聴かせていただいたのですが、おもしろい曲ばかりで。早くこのお二人と曲を作ってみたいなという思いが、大きかったと思います。

──どの曲を誰が担当するかという分担は、どのように決まったのでしょうか?

小林 先に監督から、それぞれのキャラクターに対してどういう方向性の音楽にしたいか、ご提案をいただいていたんですよ。たとえば「五条だったらEDM」とか。それをヒントに、各作家さんが「それだったら自分が得意だから」みたな感じで選んだり。

堤 たまに小林さんから「堤さん、こういう曲はあまり書かなそうだから、逆にどうですか?」って振られたりもしましたよ。

小林 それもありましたね(笑)。得意なものだけお願いするよりも、ときにはあえて外すほうが、意外とおもしろいものができるんじゃないかと。創作なのでチャレンジしてからでも良いし、またこの3人だからお願いできたのかなと思っています。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会



──作曲をはじめる際、ます最初に心がけたことはありますか。

堤 作家チームと朴監督との最初の打ち合わせで、監督からいただいた「音楽だけ聴いても残るような強さがほしい」というオーダーが印象的でした。劇伴は映像や台詞、効果音のことを考えて音を調整したり間引いたりすることが基本的な考え方としてありますが、そのオーダーを聞いて、自分が思いつく限りの『呪術廻戦』の世界に対するアイデアを、全て詰め込んでみようと。朴監督もきっと、それを受け止めてくださるだろうなと思えたので。

照井 今、堤さんがおっしゃったことももちろんですが、自分のようにちょっと違う畑の人間を呼んでいただいたということは、やや刺激的な部分、特異な要素を持ち込むことを求められているのだろうなとも思ったので、王道の劇伴とは違うエッセンスを意識した作曲も心がけました。

桶狭間 原作の芥見先生や、自分自身も含めた読者の方の思い描く世界観の表現をうまくできたらいいなと思いました。たとえばシンセを使って、呪いの気持ち悪さを表現するときは、思いきり気持ち悪く。かっこいい曲なら、とことんかっこよさに突き抜けられるように。振り切った曲にしようと意識して作っています。

──サウンドや曲調についての全体的な方向性を、みなさんで話合った部分もあるのでしょうか?

堤 自分が最初に陥ってしまったんですが、ちょっと和風にしすぎちゃったんですね。録音に使う楽器や編成を話し合うときに、「和をそのまま表現するというより、エッセンスとして入れる方向でお願いします」と、小林さんから修正が入りました。『呪術廻戦』独特のハイブリッドな世界を作れる楽器の組み合わせを見つけるために、試行錯誤しましたね。

小林 和楽器はシンセのサンプル音源でちょっと使っているくらいで、レコーディングでは、いわゆる日本の民族楽器は使用していません。和に聞こえる笛の音も、実はアイリッシュフルートなんですよ。

堤 多分みんな意識的に、特定のジャンルに寄せないようにとしていましたよね。

照井 それはありました。特定のジャンルにはめるというよりは、ハイブリッド感というか、いい意味の新しさ、いろいろなフレーバーを混ぜることで聴いたことがないイメージになるように意識していました。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会



──メインキャラクターそれぞれをイメージした曲は、キャラクターごとに分担されたとのことですが。

堤 虎杖に関しては僕が担当しました。あと、東堂、宿儺をイメージした曲も作りました。東堂のコーラスは私と、照井さん、桶狭間さん、小林さんが参加していて、とても思入れが強く、朴監督もとても喜んでくださった曲ですね。 キャラクター曲の中で最初に作ったのは虎杖の曲です。爺ちゃんとのやりとりがさりげないながらも強く印象に残っていたので、その温度感を曲として広げていくところからスタートしたんです。また虎杖は、考え方などはシンプルだけど芯が強い少年という印象を受けたので、メロディは少ない音数で。そんな彼を取り巻く非日常感を、様々なサウンドで表現し、ちょっと不思議な世界を作ろうと考えながら仕上げていきました。

──虎杖本人は素直な少年ですが、彼を取り巻く状況が特殊すぎるというか。

堤 その状況に自ら飛び込むことを決意して、迷いながらも答えを見つけて生き抜いていくことができるんですよね。そんな感覚を、芯があるメロディを中心に多様な音色が広がっているという曲調で表現してみました。

──照井さんの担当は?

照井 伏黒ですね。伏黒は、まずは正統派の二枚目というか、ストレートにかっこいいキャラクター。それこそジャンプを読んでいる若い人たちが「わあ、かっこいい」と素直に思う正統派のキャラクターかなと感じたので、曲もまずはそういう二枚目感をしっかりと表現したいと思いました。

──二枚目感は音楽でどのように表現したのでしょうか?

照井 どうですかねぇ……(笑)。まあ、あまり雰囲気によりすぎないというか、強いメロディや強い楽器の音、あとは疾走感があって複雑ではないけれど突き抜けていくようなリズム、そういうところは意識しました。ただ、伏黒はただ二枚目なだけではなくて、実は苦悩を抱え込みすぎてしまったり、秘めた ”狂気” のようなものも持っていたり、という印象を持ちました。ですから、今言ったような二枚目感をまずは目指しつつ、そこから狂気に振ったサウンドや、心情に寄った感傷的な曲に分岐していくようなイメージで作っていきました。

──では、桶狭間さんは?

桶狭間 私の担当は真人と、あとは釘崎の曲ということではないのですが、彼女がメインのシーンをイメージした曲も担当しました。

──真人の曲はどんなイメージで?

桶狭間 ”性格が悪い曲” を作ろうと思いました(笑)。いろいろな人々の想いによって作られた呪いだということは原作を読んで知っていたので、様々な感情が入り乱れるイメージを意識しつつ、やはり性格の悪さをいちばんに出したいなと思って。特にメロディや音色でそういったイメージを、静けさの中のどす黒さみたいなものを表現できたらいいなと思い、”嫌な奴” 感を意識して作っています。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会



──それぞれの担当の中で「力が入った」「これは手応えがあった」という曲は?

堤 PV第2弾でも使われているバトルをイメージした曲です。一番最初にこの『呪術廻戦』のために書いた曲ということもあり、力が入りすぎちゃってまとめ上げるのに苦労しましたが(笑)。PVに使われるということも想定していたので、派手にしようという意識も他の曲より強かったです。ロックだったり、ラップだったり、『呪術廻戦』の世界のちょっとドロドロした部分をシンセやアイリッシュフルートで表現したり、エスニックコーラスも入っている。自分の曲の中では一番、ジャンルに捕らわれないハイブリッド感が出せていると思います。『呪術廻戦』全体を象徴するような曲として仕上げられたのではないかなとも思いますね。

照井 伏黒の曲の中で、狂気に寄せた曲があります。その曲は自分が今までやってきた音楽のエッセンスを上手く持ち込めたのかなと思っていて、自分の担当曲中では結構、気に入っていますね。今回、僕の担当曲はバトルの曲が多かったので、わりとストレートにかっこよかったり、緊迫感があったりする感じなのですが、その曲はバトルでありつつ変化球で。よりディープな、狂った感じが表現できたかなと思っていて。もし作中で使っていただけたら、どういう風に映像にハマるのかなと、今から自分でも楽しみです。

──桶狭間さんはいかがですか?

桶狭間 先ほども少しお話しした、画合わせをしたバトルシーンの曲ですね。ネタバレになってしまうので詳しくは言えないのですが、後半のほうで ”術式” が放たれるシーンがあり、そのシーンは朴監督から事前に「画合わせで曲をお願いしたい」と依頼されました。監督みずから画合わせにしたいとおっしゃるくらいだから、きっとすごい画ができあがってくるんだろうなと、勝手に想像しています(笑)。

──後半、クライマックスのバトルですね。

桶狭間 そうですね、私もどんな画がくるか楽しみにしているので、みなさんもぜひご期待ください。

──ありがとうございました。では最後にファンへのメッセージをお願いします

堤 作品世界を引き立てつつ、強く印象に残る音楽が仕上げられたと思います。この先、物語も音楽もさらにディープになるのでお楽しみに!

照井 第1話を観て、原作ファンの期待を裏切らないクオリティだと感じました。音楽も、われわれ3人の個性が活かされた今までにないものになっているので、ぜひ最後まで楽しんでください。

桶狭間 原作のファンもはじめて作品に触れる人も、どちらも楽しめるアニメになっていて、さすが朴監督だなと思いました。私たち三人が力を込めて作った音楽も、一緒に楽しんでいただければ嬉しいです。

>>>場面カットを見る

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会