『半妖の夜叉姫』第3話あらすじ&犬夜叉展追加情報、各種キャンペーン情報到着!

10月3日(土)より放送中のTVアニメ『半妖の夜叉姫』の第3話あらすじ、先行カットが公開。また、犬夜叉展の追加情報や、実施中のキャンペーンについても紹介する。

TVアニメ『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の登場人物である殺生丸の双子の娘・とわとせつな、犬夜叉とかごめの娘・もろはをメインキャラクターとした新しい物語。
監督は佐藤照雄氏(『犬夜叉 完結編』副監督を担当)、シリーズ構成を隅沢克之氏(本作は氏のオリジナルストーリーで構成される)が務め、メインキャラクターデザインには高橋留美子先生が参加、アニメーションキャラクターデザインを菱沼義仁氏、音楽を和田薫氏が担当するなど、アニメ『犬夜叉』シリーズを手掛けたスタッフが再集結し、新たな戦国御伽草子を生み出していく。

第3話は10月17日(土)夕方5時30分~読売テレビ・日本テレビ系にて放送開始。あらすじ、先行カットはこちら!

<第3話>
2個の虹色真珠を取り込んだ三つ目上臈に呆気なく折れる菊十文字。だが、せつなのピンチに妖力を発動させたとわは、妖気の刀を自分で造り出して立ち向かう。せつなの協力もあって三つ目上臈は退治できたが、飛頭根に取り憑かれてしまうとわ。そんなとわをせつなは姉だと認めない。
戦い合うとわとせつな。飛頭根はとわの妹の芽衣に乗り換える。一方、もろははせつなに幼い頃の記憶が無いのは夢の胡蝶に夢を食われたせいだと見抜く。


第3話先行カットを全て見る!>>>

そしてTVアニメ『犬夜叉』初の展覧会、『犬夜叉-アニメの軌跡展-』の東京会場の前売り券が10月10日(土)~発売開始。(※11月22日(日)17:59まで発売。)

『犬夜叉-アニメの軌跡展-』は、『犬夜叉』の原作者である高橋留美子先生の出身地・新潟を含め、東京、名古屋、大阪、福岡会場での巡回を予定。会場では、アニメーションの軌跡を辿りながら、『犬夜叉』の世界観を実体験できる展示内容や記念グッズの販売を予定している。

チケット、展示内容、記念グッズの詳細は随時解禁予定。最新情報は特設サイト、公式Twitterをチェックしてほしい。

さらに第1話の放送終了後から作品公式Twitterにてスタートした、「夜叉姫からの挑戦状! アフレコ台本プレゼントキャンペーン」。第2話のキャンペーンは2020年10月17日土曜夕方5時29分まで受付中だ。

(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020