スティーヴ・ヴァイが今こそ明かす、エディ・ヴァン・ヘイレンとの友情秘話

スティーヴ・ヴァイとエディ・ヴァン・ヘイレンは、とくに親しい友人というわけではなかった。1985年、デイヴィッド・リー・ロスがヴァン・ヘイレンと決別した後、ロスは自分のソロバンドにヴァイ――エディ・ヴァン・ヘイレンに影響を受けたタッピング奏法の技巧師――を引き入れた。ヴァイはロスのアルバム『イート・エム・アンド・スマイル』「スカイ・スクレイパー」に参加し、ツアーでは憧れのエディ・ヴァン・ヘイレンのパートを演奏した。ヴァイとヴァン・ヘイレンの雰囲気はいささか気まずくなった。だが1989年、ヴァイがロスのバンドを去った日、エディが電話をかけてきた。それが2人の厚い友情の始まりだった。以下、本人自ら真相を語る。


●【画像を見る】追悼エディ・ヴァン・ヘイレン 伝説的ギタリストの勇姿(写真ギャラリー)

エドワードと個人的にとても親しくさせてもらって、俺は幸運だった。彼と親しくなって気が付くのは、彼には優しい面もあるということ。びっくりするほどユーモアのセンスもある。すごく頭が切れて、何かに夢中になるとそれに没頭していた。すごく分かりやすい。『冒険野郎マクガイバー』みたいなところもあって、テープやチューイングガムでくっつけて間に合わせたりする。それでいて、いつも演奏がうまい。

最初にエドワードと会ったのは、ロキシーでのアラン・ホールワーズのステージを見に行った時だった。途中でエドワードが表れて演奏した。そのあと俺は楽屋へいって、自分は(フランク・)ザッパと仕事していると言った。彼はザッパの大ファンだったので、「もしフランクに会いたければ連絡してくれ」と言って、彼に自分の電話番号を渡した。驚いたことに、次の日ルームメイトから「エド・ヴァン・ヘイレンから電話があったぞ」と言われた。それで彼にフランクの番号を教えた。そしたら今度はフランクから電話がかかってきて、「へい坊や、エドワード・ヴァン・ヘイレンが来てるんだ、お前も来いよ」って。それで彼の家に行って、3人で1日中座って音楽を聴いたり、ジャムセッションしたりした。あの頃から彼はすごかった。その辺のギターを手にしたら、ナットが少し緩んでいて弦がひずんでいた。そしたら彼はこれぐらいデカいドライバーを見つけてきて、ナットの下にぶすり(と差し込んだ)。ドライバーが40cmも突き出た状態でジャムセッションを続けた。彼はそういうヤツなんだ。



スタジオで共に過ごした時間

デイヴィッド・リー・ロスのバンドを脱退した日(1989年)――どこから聞きつけたのかは知らないが――エドワードが電話をかけてきた。それが彼との素晴らしい関係と友情の始まりだ。それから約6カ月、文字通りしょっちゅう一緒に過ごして、彼のことをよく知るようになった。

彼のスタジオにも言った。あらゆる音源を聞かせてくれた。彼は絶えず曲を書いたり演奏したりしていた。未発表作品も披露してくれたが、どれもエドワードらしいサウンドだった。「ソロアルバムを出せばいいのに」と言うと、彼はいつもヴァン・ヘイレンの作品が自分にとってはソロ同然だと考えていた。だが、あの時彼が聞かせてくれた曲はとくに素晴らしかった。彼の演奏スタイルの髄が凝縮されていた。

●【画像を見る】若き日のスティーヴ・ヴァイとエディ・ヴァン・ヘイレン

ギタリストにとってすごく興味深い話がある。俺はハリウッドの自宅で、自分のスタジオで、自前のギター、自前の機材、ペダル、アンプを使っていた。そこへエドワードがやってきた。俺たちはしばらくだらだら話をしていたが、彼が「今取りかかっている曲を聴いてもらえるかい」と言って、俺のギターを取り上げて演奏し始めた。すぐさま、エドワード・ヴァン・ヘイレンらしいと思った。俺らしさはかけらもない。噂の「ブラウンサウンド」だった。誰もが知るエドの特徴が詰まっていた。俺の機材を使っていても、彼のサウンドだったんだ。

土曜の朝は、彼の兄や大勢の仲間といっしょにソフトボールをしに出かけた。すごく楽しかったよ。彼が何か面白いことを言ったのを覚えている。「実は、お前とは仲良くなれないと思ってたんだ」とかそういう内容だった。

張り合おうとするのは愚か者だけ

デイヴィッド・リー・ロスのバンドに加わった時は、ほぼ完璧なロックソングを弾けるまたとないチャンスだった。まさに夢のようだったよ。もちろん、エドワードと同じように弾きこなすなど無理だが、最善を尽くしてトライする。デイヴとステージ上でああいう曲を弾けるのは最高だった。俺が好きだったのは「アンチェインド」、音は抑え目だがすごくヘヴィな曲だ。「プリティ・ウーマン」はメロディが美しい。「パナマ」はいつ聞いてもかっこいい。それともちろん、「ホット・フォー・ティーチャー」だね。



当然、俺は彼のようにプレイできたためしはない。試みたこともない。エディ・ヴァン・ヘイレンと張り合おうとするのは愚か者だけだ。そういう人がいるのは知っていたがね。だがギタリストが曲を演奏すると、その構造が見えてくるんだ。ただひたすら完璧なんだ。『イート・エム・アンド・スマイル』の制作中、テッド・テンプルマンがエドワードの未編集のギター音源を聞かせてくれたことがあってね。ギターは1トラック、マイク1本で収録しているのに、オーケストラみたいなサウンドなんだ。パワフルで強烈な表現が完全に凝縮されていた。

あれほど有名なやつらと付き合っていると、相手はある種の壁を立てて、プライバシーや正気を保っていることに気付き始める。エドワードも、そうした壁を作っていたはずだ。だがいったん中に入れてもらえると――つまり、気の合ういい仲間だと認めてもらえれば―――彼はロックスターではなくなった。本当に陽気で、面白くて、創造性豊かで、単純明快。街を友人とぶらぶら歩いているような気分になるんだ。

彼は心の耳で俺たちを感動させることができた。ある意味、曲は明らかにシンプルだが、胸に響くものがあった。彼の人柄の優しい面が感じられる――もちろん、たまに激しくなることもあったが――俺には、「ジャンプ」のコードチェンジにも彼の人柄のある種のやさしさが聞き取れる。わかるかい?

エディから何を与えてもらったのか?

彼はなぜ作品をリリースしなくなったのか? それは俺にも分からない。だがあえて答えるとすれば、俺自身も時がたつにつれて抱える仕事量が増えていったことを考えれば、彼もつねに忙しくしつつ、他のことに興味が移ったんじゃないだろうか。それに、病気とも戦っていただろうしね。

そういう噂は何年も前から聞いていた。みんな(彼が病気だということは)10年前から知っていて、俺も10年間、危なっかしい経験をしていた。最後のほうは――かなり重症だという話を聞いたとき――知人と話をした。状態は重く、それから少し良くなった。

とはいえ、俺たちはみんな違う生活を送っていて、交流もまばらだった。俺も彼には7年間ほど合わずじまいだった。最後に会ったのは数年前、モーターヘッドのコンサートのバックステージだ。彼は顔色があまり良くなく、具合もあまりよくない時期だった。それでも、例の笑顔は健在だった。

俺たちは何を失ったのか? 何を与えてもらったのか、と言う風に考えてみたい。この世はすべて諸行無常、やってきては過ぎていく。この先のことは分からない。わかったとしても、今までやってきたことと変わらない。彼が残した功績について語ろうじゃないか。だって、あれは記念碑ものだ。数年前に君たちとインタビューしたとき、ロックの革命児について聞かれた。俺はとっさに、ロックギターではヘンドリックスとヴァン・ヘイレンと答えた。大勢のギタリストが現れて功績を残していったが、この2人は演奏法だけじゃなく、音楽の作り方、ステージ上での見せ方や立ち居振る舞いをがらりと変えた。数え上げればまだまだある。彼はそうした伝説のひとつだと、俺は固く信じている。

ギタリストコミュニティ全体に走った衝撃や悲しみは、俺もひしひしと感じている。ただこれだけは言いたい、彼が残してくれたもの、真の贈り物に目を向けようじゃないか。彼は素晴らしい才能の持ち主だった。

【関連記事】
エディ・ヴァン・ヘイレン、超絶ギターソロ・ベスト20
エディ・ヴァン・ヘイレン追悼記事一覧

From Rolling Stone US.

この投稿をInstagramで見る Feeling deep sadness and overwhelming appreciation. The appreciation and love for him is bigger though. Lets take a minute and try to imagine our world if he never showed up. Its unthinkable. Thank you King Edward. You are deeply loved and will be missed. Steve Vai(@stevevaihimself)がシェアした投稿 - 2020年10月月6日午後2時54分PDT