楽天、国産木材の利用拡大を目指す「WOOD CHANGE PROJECT」始動 水原希子、坂本龍一ら参加のトークセッション公開

楽天は10月8日、ECモール「楽天市場」とフリマアプリ「ラクマ」において、木材を利用することの意義を広め、国産木材利用の拡大を目的とした「WOOD CHANGE PROJECT(ウッドチェンジプロジェクト)」を開始した。プロジェクトの開始に伴い、モデルの水原希子さん、音楽家の坂本龍一さんらが同プロジェクトの今後の展開について話すオンライントークセッションを公開している。

【清掃活動に取り組む水原希子さんの画像】

「WOOD CHANGE PROJECT」は、次世代を担う若い世代や木材利用に関心の薄い層に向けて、国産木材についての認知拡大や利用促進を行うことを目的とした取り組み。国産木材の利用促進は、森林保全や林業の活性化にもつながるとし、「木の日」である10月8日にスタートした。プロジェクトの開始にあたり楽天は、特定非営利活動法人green bird、モデルの水原希子さんが代表を務めるOK、音楽家の坂本龍一さんが代表を務める一般社団法人more trees、大昭和紙工産業と「TEAM WOOD CHANGE」を結成している。

プロジェクトの開始に伴い同日、「TEAM WOOD CHANGE」の水原希子さん、坂本龍一さん、林野庁の木材利用課長である長野麻子さんらが登壇したオンライントークセッションを、「楽天市場」で日本全国の特産品を紹介する「まち楽」内の特集ページ「WOOD CHANGE 木に変えて、変わったのは暮らしとワタシ」にて公開した。同トークセッションでは、「WOOD CHANGEって何?」をテーマに、水原希子さん、坂本 龍一さんが環境問題に関心を持って自ら取り組むようになったきっかけや、生活に木材を取り入れることの意義、生活者が日本の森林を守るためにできる活動、「WOOD CHANGE PROJECT」の今後の展開について話をしている。



「WOOD CHANGE PROJECT」では、国産木材を使った様々な商品の販売やイベントも実施するとし、楽天「ラクマ」では、岐阜県の東白川村で発生する未利用木材や端材を必要とする人につなぐ期間限定ショップをオープンした。またプロジェクトの開始に先駆けて9月には、全国でゴミ拾い活動を行うgreen birdとOKを中心に、国産木材を原料とした「WOOD CHANGE PROJECT」オリジナルのゴミ袋(水原希子さんプロデュース・大昭和紙工産業製造)を使った原宿エリアの清掃活動も実施している。一見きれいに見える原宿駅周辺の路上も多くのたばこの吸い殻やペットボトルなどのゴミが集まったとし、清掃活動に参加した水原希子さんは、「ひとりひとりがゴミを捨てないように意識することが大切」とコメントした。

楽天は今後も同プロジェクトを通じ、国産木材の認知拡大と利用促進のための様々な活動を行っていくとしている。


「WOOD CHANGE PROJECT」
https://event.rakuten.co.jp/area/japan/woodchange/