BIツールとはどのようなツールなのでしょうか。この記事ではBIツールの基礎知識となる、BIツールがもつ機能やメリット、Excelとの違いなどをご紹介しますので、「BIツールに興味があるけどいまいちどんなものかわからない」という方はぜひ参考にしてみてください。

資料請求をする(無料)»

※ITトレンドに遷移します

BIツールとは?

BIツールの「BI」とは「ビジネス・インテリジェンス」を意味する言葉で、BIツールは企業がため込んでいる膨大なデータを分析することができ、その分析によって隠された問題点を見つけたり、分析結果をもとにビジネスの意思決定をサポートする役割を担います。

BIツールの機能

BIツールはExcelを使わなくても大量のデータを分析することができます。

これまで企業がデータ分析を行う場合、Excelなどを利用していました。しかし、Excelでデータ分析をするには専門的な知識が必要になり、非常に手間のかかる作業となっていました。

しかし、BIツールであればExcelを使わなくてもデータ集計ができ、データの可視化まで誰でも簡単に行えます。

基礎知識として知っておきたいBIツールがもつ機能5つ

企業が保有する大量のデータを簡単に分析できるBIツールですが、具体的にどのような機能があるのでしょうか。

ここではBIツールがもつ機能5つをご紹介します。ぜひ、BIツールを利用する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

BIツールがもつ機能1:OLAP分析

まず始めに紹介するのがOLAP分析という機能です。

OLAPとは「OnlineAnalyticalProcessing」を略した言葉で、日本語では「オンライン分析処理」と訳すことができます。

OLAP分析は複数の違うデータの関係性をさまざまな角度からデータ分析することにより、問題に対する要因の仮説を検証できる機能となっています。

BIツールがもつ機能2:自動レポーティング

次に紹介するのはレポーティングという機能です。

BIツールにはデータ分析だけでなく、分析結果のレポーティング作業を自動で行える機能があり、この自動レポーティング機能により、Excelなどより見やすいグラフをダッシュボード上に表示したり、さまざまな形式のレポートとして出力することが可能です。

Excelの場合は分析まで行うことができても、それをレポートにするのにまた一苦労という場合がありますが、BIツールであればその負担も軽減されます。

BIツールがもつ機能3:ダッシュボード

3つめに紹介するのはダッシュボードという機能です。

BIツールのダッシュボードとは、データの分析結果をアウトプットする機能で、データの分析結果をグラフや表といった視覚的にわかりやすい形で表示することができます。

また、関連のあるグラフを並べて簡単に比較することもできるため、ダッシュボードを一目見ただけで分析結果がわかるようになります。

BIツールがもつ機能4:シミュレーションとプランニング

4つめに紹介するのはプランニングという機能です。

BIツールはシミュレーションやプランニング機能で過去のデータの分析結果をもとにシミュレーションを行うことで、計画の根拠を得ることができます。

蓄積された過去データを分析することで将来の数値を予測できるため、マーケティング戦略を立てる際にも活用できるでしょう。

BIツールがもつ機能5:データマイニング

最後に紹介するのはデータマイニングという機能です。

データマイニングとは、データ分析にパターン認識や統計などの技術を使うことで、データに含まれた相関性や法則性などを探し出すことができる機能です。

BIツールのデータマイニングを利用することで、さまざまな方法で分析を行うことができるため、人が手作業では見つけられない知見を得ることが可能になります。

資料請求をする(無料)»

※ITトレンドに遷移します

基礎知識としてのBIツールがもつメリット6つ

ここまでBIツールがもつ、さまざまな機能について紹介してきましたが、BIツールにはさまざまなメリットもあります。BIツールのメリットを知り、深く理解することは適切に活用するために必要なことと言えます。

そこでここからは基礎知識として知っておきたい、BIツールがもつメリット6つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

BIツールがもつメリット1:まとめて分析できる

まず1つめのメリットは、まとめて分析できるという点です。

企業が利用するシステムにはさまざまな種類があるため、データは社内に分散している状態になっています。

そのため、Excelでデータ分析をする場合は、CSVなどの特定の形式でデータを出力して結合したうえで行わなければいけませんが、BIツールであれば既存システムと連携できるため、データを一箇所にまとめて分析することができます。

BIツールがもつメリット2:データの可視化が可能

2つめのメリットはデータの可視化が可能という点です。

BIツールは膨大な量のデータ分析ができるため、人では見つけられないデータの関連性や法則を簡単に見つけることができます。

人が手作業でデータ分析するためには十分な時間や人員が必要ですが、BIツールであれば人が行うよりも正確かつ迅速なデータ分析が可能となります。

BIツールがもつメリット3:時間短縮できる

3つめのメリットは時間短縮できるという点です。

Excelなどの表計算ソフトを利用することでもデータ分析は可能です。しかし関数などを組み合わせる必要があるため、手間がかかってしまいます。

その点、BIツールであれば集計、分析や予測といった機能が自動化されているため人が手作業で作業する必要がなく、大幅な時間短縮ができるでしょう。

BIツールがもつメリット4:部署毎のROIが可視化できる

4つめのメリットは部署毎のROIが可視化できるという点です。

BIツールはもともと、データ分析を経営に活用することを目的として作られたものとなっているため、経営判断に必要な売上高や経常利益率、損益分岐点、ROI(投資利益率)といった指標をリアルタイムに分析することができます。

また、部署毎のROIを可視化することで、不採算部署を把握することも可能です。

BIツールがもつメリット5:問題点をすぐ発見できる

5つめのメリットは問題点をすぐ発見できるという点です。

BIツールを利用することで、データ分析結果から企業の課題や問題を抽出することができます。そのため、これまで気づかなかった問題や課題などが浮き彫りになり、経営上の課題や問題点を早期発見して摘み取ることができます。

どの企業でも課題を早期に摘み取ることは重要ですが、BIツールがあればより早く行うことが可能になるでしょう。

BIツールがもつメリット6:データドリブンな企業に成長できる

6つめのメリットはデータドリブンな企業に成長できるという点です。

BIツールはさまざまな部署が収集したデータを自動的に収集し、リアルタイムに分析して可視化していくことができます。そして、収集したデータをさらにデータ化していくことで、データドリブンな企業につなげていくことができます。

BIツールとExcelの違いとは?

企業が蓄積していた膨大なデータの分析ができるBIツールですが、Excelでもデータ分析することは可能です。しかし、同じように分析ができてもBIツールとExcelには違いや特徴があります。それでは、どのような違いがあるのでしょうか。

ここからはBIツールとExcelの違いについてご紹介します。

使い勝手

Excelは普段から使う機会が多いツールなので、BIツールよりも使い勝手がよいです。

ExcelはWindowsであれば最初からOfficeに入っているため、企業であれば普段から利用する機会も多いでしょう。また、追加のコストもかからないため手軽に使用することができます。

一方、BIツールを利用するためには月額利用料金を支払う必要があり、またデータベースの初期設定には知識が必要です。

データの活用量

BIツールはデータベースを利用するため、Excelよりも多くのデータを活用できます。

Excelはデータ分析は可能ですが、多くのデータを扱うのには適していません。そのため、データ量が多くなると処理が重たくなったり、エラーが発生することがあります。

一方、BIツールであればデータをデータベースに収納しているため、大量のデータを簡単に分析することができます。

BIツールの基礎知識を理解して効率よくデータを収集しよう!

BIツールは企業が蓄積したデータを活用するための、さまざまな機能を備えている便利なツールです。ぜひこの記事でご紹介したBIツールがもつ機能やメリット、BIツールとExcelの違いなどを参考に、BIツールを活用してみてはいかがでしょうか。

資料請求をする(無料)»

※ITトレンドに遷移します