BIツールを活用するためにはデータベース設計が重要です。この記事ではBIツールの機能やBIツールを活用するためのデータベース設計の基礎知識、BIツールを活用する方法などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

資料請求をする(無料)»

※ITトレンドに遷移します

BIツールとは?

BIツールとは、企業に蓄積されたデータを分析することで意思決定をサポートできるツールです。

BIとは「ビジネス・インテリジェンス」を略した言葉で、企業が日々蓄積していく多くのデータを分析し、その結果を企業経営における意思決定に活用することを意味します。

近年はデータをビジネスや意思決定に活用する企業も多くなってきているため、BIツールの需要が高まってきています。

BIツールの機能とは?

BIツールは、企業が日々蓄積している大量のデータを収集し、分析することでデータを可視化したり、さまざまな角度から見るといったことが可能になるツールです。

では、BIツールには具体的にどのような機能があるのでしょうか。ここではBIツールの機能についてご紹介していきます。

レポーティング機能

BIツールには、PDFやExcelなどで出力するレポ―ティング機能があります。

レポ―ティング機能は情報を共有したり、必要に応じて情報を利用できる機能です。レポ―ティング機能には定型、非定型、OLAP機能などの種類があり、PDFやExcel、Word、CSVといったさまざまな形式のファイル出力が可能です。

また、レポート表示画面や印刷レイアウトをデザインできるBIツールもあります。

データマイニング機能

BIツールには、統計学やパターン認識などを利用したデータマイニング機能があります。

データマイニング機能は統計学やパターン認識、回帰分析やクロス分析などを利用することで、膨大なデータの中から特定のパターンを見つけ出す機能です。

また、BIツールの中には人工知能の機能を利用してデータマイニングを行うものもあります。

ダッシュボード機能

BIツールには、分析結果を表示するダッシュボード機能があります。

ダッシュボード機能は、分析結果をわかりやすく表示できる機能で、グラフ表示や一覧表示、クロス集計表などに対応しています。

分析結果を可視化することでビジネス上の課題がよりわかりやすくなります。また、近年はIoTデータを収集し、リアルタイムにデータを集計して可視化できるBIツールもあります。

データベース設計とは?

データベース設計とは、開発で使用するデータベースのデータモデルを設計することです。

システム開発やソフトウェア開発を行う場合、ほとんどの場合データベースを利用することになります。そのため、開発するものに合わせた概念設計、論理設計、物理設計といったデータベース設計を行います。

また、BIツールを利用する場合もデータベース設計を行う必要があります。

BIツールを活用するためのデータベース設計の基礎知識5つ

BIツールは、企業が蓄積した膨大なデータを活用することで経営判断に役立てられるツールですが、そのためにはデータベースが重要です。

そのため、BIツールを構成するデータベースについても知っておくようにしましょう。ここではBIツールを活用するためのデータベース設計の基礎知識5つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

データベース設計の基礎知識1:要件定義をする

データベース設計を行う場合は、要件定義を行いましょう。

BIツールの活用目的は企業や利用する部署によって異なるため、利用目的を明確にして要件定義を行う必要があります。

そのため、まずは経営陣や利用する現場のメンバーにヒアリングを行い、「どのようなデータ」を「何のために」、「どのように活用したいか」を明確にしましょう。その後、ヒアリング結果をもとにデータベース設計を行います。

データベース設計の基礎知識2:データ項目を定める

データベース設計を行う場合は、データ項目を定めましょう。

要件定義を行ったら、次はBIツールで使用するデータベースのデータ項目と、その項目に付与する属性を定めましょう。データ属性は後から付与したり変更することは難しいため、要件定義をもとに詳細に設定するようにしましょう。

データベース設計の基礎知識3:最小単位の設定をする

データベース設計を行う場合は、最小単位の設定を行いましょう。

BIツールで実際にデータ分析を行う際、できるだけ詳細な分析を行う必要があります。そのため、データベースで集計する項目や属性は、最小単位で設定するようにしましょう。

たとえば、日付などの項目を「月」で設定すると、曜日や日付、時間での分析ができなくなります。そのため、最小単位で設定するとその後の分析に便利です。

データベース設計の基礎知識4:イメージを明確にする

データベース設計を行う場合は、イメージを明確にしましょう。

BIツールでは集計して分析したデータをグラフで表示できます。そのため、データベース設計の時点でBIツールで表示するグラフや表のイメージを具体的にしましょう。

グラフを具体的にイメージすることで、本当に必要なデータが何かわかるため、必要なデータのすり合わせが可能になります。

データベース設計の基礎知識5:テーブルを作成する

データベース設計を行う場合は、テーブルを作成しましょう。

データベース設計がここまでできたら、データを保存するためのデータベースのテーブルを作成しましょう。

また、データは確実に必要なものだけでなく、可能な限り多くのデータを取得しておくのがおすすめです。さまざまなデータを取得しておくことで、データ分析の際により良い結果を生むことができるでしょう。

資料請求をする(無料)»

※ITトレンドに遷移します

BIツールを使ったデータベースの可視化とは?

設計したデータベースを使ってBIツールでデータを分析、グラフ化することでデータを可視化できます。

データベースに蓄積したデータは、SQLでデータを組みわせたり加工して、データウェアハウスに蓄積します。

データをそのまま保管するのではなく、SQLで加工や分析がしやすいようにすることで、BIツールでの分析がしやすくなります。

BIツールを活用する方法3選

BIツールはさまざまなシーンで活用できます。ここではBIツールを活用する方法3選をご紹介しますので、BIツールを利用する際の参考にしてみてください。

BIツールを活用する方法1:経営の場合

BIツールは経営の分析、売り上げの予測に活用できます。

BIツールは経営管理に活用できます。たとえば、BIツールでは売上高、経常利益率、損益分岐点、ROI(投資利益率)といった経営指標を定点的に追うことが簡単にできるようになります。

また、グラフ化などの加工機能に優れているため、分析結果をグラフ表示することでデータを可視化し、よりわかりやすい形で経営分析に活用できます。

BIツールを活用する方法2:営業の場合

BIツールは売上の推移や売上データなどを営業に活用することができます。たとえば、売上の推移や売上データなどを可視化するなどし、日々の営業活動に役立たせることができます。 また、BIツールで集計したデータをダッシュボードやレポートなどでグラフ化することで、マネージャーはリアルタイムに毎日変動する売上データを追うことができるようになります。

BIツールを活用する方法3:人事の場合

BIツールは残業時間の管理など、人事でも活用できます。

人事は従業員の勤怠状況を把握し、残業時間が多すぎないかなど、就労規則で定められた規則が遵守されているかの確認が必要です。

そのため、BIツールで従業員の出勤、退勤、休憩、休暇といった出勤状況の分析を行うことで、残業時間の管理や給与との相関性などに活用できます。

BIツールとデータベース設計を理解して活用しよう

BIツールに必要なデータベース設計について理解を深めましょう。

BIツールは企業が蓄積したデータを分析して活用できるものです。また、そのためにはデータベース設計が重要になります。

この記事でご紹介したBIツールの機能やBIツールを活用するためのデータベース設計の基礎知識などを参考に、BIツールを活用してみてはいかがでしょうか。

資料請求をする(無料)»

※ITトレンドに遷移します