カフェ運営のサザコーヒー、「ガールズ&パンツァー」コラボ商品がECで即完売 コロナ禍に起死回生図る

カフェ運営やコーヒー豆の販売を行うサザコーヒーホールディングスは2020年4月より、店舗限定で販売していたコラボ商品の取り扱いを、ECでも開始した。1日20個限定で発売したケーキは、販売開始3分で売り切れるほどの人気になったという。2020年7月からは、コーヒー豆のコラボ商品の販売も開始した。

同社のカフェは、映画「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」に登場し話題となった。作中で登場したモンブランケーキを店舗で再現し、コラボ商品として販売したところ、徹夜で並ぶ人が出るほどの人気ぶりだったという。

大洗の店舗は、アニメの聖地巡礼スポットとしても人気だったが、コロナ禍で休業となってしまった。そこで同商品を冷凍加工し、2020年4月にEC限定で販売するようにしたのだという。

「ガルパンの映画では、『ザザコーヒー』という形で登場した。作中に同ショップでモンブランケーキを食べる描写があったため、当社で再現した商品を作ってほしいとの声が多数あった」(鈴木太郎社長)と話す。「せっかく聖地巡礼で盛り上がっているときだったので、何か面白いことをやってみたかった」(同)と言う。


鈴木太郎社長

7月23日からは、一部店舗の限定販売だったコラボコーヒー豆をECでも発売した。同商品は、「ガルパン」に登場する高校の校章をパッケージにした商品で、各校の特徴をコーヒー豆で再現している。使用するコーヒー豆も高品質だという。

「ベースとして、おいしいのは当たり前、そこに『楽しさ』という付加価値をつけたい。楽しさを共有してもらうことで、当社の良さが広まっていけばいいと思う」(同)と話す。


「サザコーヒー」
https://saza.coffee/