アニメ『範馬刃牙』制作決定ッ! 刃牙役・島崎信長が意気込みを語る

Netflixで全話全世界独占配信中、また地上波でもクライマックスを迎えたアニメ『バキ』大擂台賽編の続編となる「刃牙」シリーズ第3部『範馬刃牙』がNetflixオリジナルアニメシリーズとして制作されることが決定。
引き続き主人公・範馬刃牙役を担当する島﨑信長から本気のコメントが到着した。
また、大擂台賽編の舞台となった中国にちなみ、中国料理チェーン『紅虎餃子房』とのコラボも決定した。

『範馬刃牙』は板垣恵介の同名漫画を原作としたアニメ。主人公・範馬刃牙が、「地上最強の生物」と呼ばれる父親・範馬勇次郎を倒すための強さを求め、戦い続ける物語だ。
原作は『グラップラー刃牙』に始まるシリーズで、『バキ』は第2部、『範馬刃牙』は第3部に当たる。現在『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)では第5部である最新作『バキ道』が連載中。

『バキ』大擂台賽編では、前作「最凶死刑囚編」終盤で瀕死の毒に侵された範馬刃牙が、100年に1度の武闘大会・大擂台賽に挑み、奇跡の復活を果たす。その後、第12話でマホメド・アライJr.との対戦に勝利した後、母の仇でもある勇次郎に挑戦状を叩き付けた。
対する勇次郎も刃牙の成長を認め、自らの対戦相手として相応しいとこれを受諾。遂に因縁の2人が全身全霊で激突する展開へと突入。原作で”史上最強の親子喧嘩”を描き切った「刃牙」シリーズのクライマックス『範馬刃牙』へと物語は突入していく。

『バキ』に続けて主人公・範馬刃牙を演じる島崎信長は、以下のコメントを寄せている。

範馬刃牙役:島﨑信長

──シリーズ続編となる『範馬刃牙』のアニメ制作決定を聞いた時の気持ちや、意気込みをお教えください。

島崎 やはり原作のこの先の面白さを知っているので、アニメでも続きをやらせていただけるということが本当に嬉しかったです。中でも親子喧嘩編は、過程も決着も個人的にお気に入りのシリーズなので、今から楽しみで仕方がありません。

──『範馬刃牙』では、刃牙と勇次郎の対決が描かれるシリーズですが、原作を読んだ時に印象に残っているシーンや、アニメ化で楽しみにしているシーンがあればお教えください。

島崎 vsカマキリやらマリアやらピクルやら真マッハやら師匠やらエア食卓やら、印象に残ってるシーンは数え切れないほどあります。でも何より、あの範馬刃牙と範馬勇次郎が、真に親子として向き合っていく、その過程を楽しみたいです。

Netflixオリジナルアニメシリーズ「範馬刃牙」特報映像


また、アニメ『バキ』大擂台賽編で刃牙たちが強敵と死闘を繰り広げた大擂台賽の舞台である中国にちなみ、今回、中国料理店の「紅虎餃子房」とのコラボが決定。

全国78店舗で刃牙のように力がみなぎる復活ッッコラボメニューを展開予定。旗艦店の「紅虎餃子房 銀座コリドー街」では、烈海王が刃牙にもてなした滋味滋養の中国料理をコースメニュー(ノベルティ付き)として再現、予約制でご提供する予定だ。
詳細は後日発表となっている。

>>>『範馬刃牙』島崎信長コメントの関連画像を全部見る

(C)板垣恵介(秋田書店)/範馬刃牙製作委員会