洗練されたエクステリア・デザイン│新しく生まれ変わったミニ クロスオーバーが発表

新型ミニ・クロスオーバーが発表された。

ミニ・クロスオーバーは、2011年にミニの4番目のモデルとして、それまでのミニモデル・ラインアップからは一線を画すプレミアム・コンパクトSAVモデルとして誕生し、2017年に二代目に進化している。今回発表の新型は、主にエクステリア・デザインを洗練させると共に、機能性を向上させ、ミニ初のプレミアム・コンパクトSAVとして生まれ変わっている。

フロントおよびリア・バンパーのデザインを刷新し、サイドのエア・インテークを大きく直立させて強調することにより、より力強く、よりダイナミックな印象を与えている。新型クロスオーバーに標準装備となったLEDヘッドライトの形状を従来の丸型からすっきりとした角型に変更することで、前方を鋭く見開き、力強い印象を与えている。リアのLEDコンビネーション・ライトは、他のミニモデル同様に、ユニオン・ジャックのモチーフとしたデザインに刷新し、英国生まれのミニらしさを際立たせるデザインとなっている。



オプションの「MINI ALL4エクステリア」を装備すると、フロント・バンパー、リア・バンパーにアルミ・マット調の加飾が、またフロントとリアにも同色のアンダーガードが施され、よりSAVらしさを強化する、ダイナミックなエクステリアを演出することが可能となる。一方、「ピアノ・ブラック・エクステリア」を装備すると、ライトやフロントグリル周り、ドアハンドル、リアゲートのCrossoverエンブレムなどのパーツがピアノ・ブラックで統一され、モダンでスタイリッシュなエクステリアとなる。

ボディ・カラーには、SAVらしいセージ・グリーン・メタリック、クールなイメージのホワイト・シルバー・メタリック、都会をイメージしたムーンウォーク・グレー・メタリックの3色が追加となっている。

インテリアにおいては、シフト・バイ・ワイヤ機構を取り入れた電子制御式8速オートマチック・トランスミッションを全車に標準装備(ミニ クーパー S E Crossoverを除く)すると共に、視認性に優れ様々な情報を表示可能なマルチ・ディスプレイ・メーターパネルの採用(一部モデルでオプション)により、インテリアの印象も一新している。センター・ディスプレイは、従来のタッチ操作可能に加え、操作ボタンをフラットにすることで、シンプルかつモダンなデザインへ変更となっている。また、個性を際立たせるオプション装備MINI Yours(ユアーズ)インテリア・スタイルに、繊細なライトニングが上質な車内空間を演出するシェーデッド・シルバー・イルミネー・テッドが、新たに追加となっている。



新型ミニ クロスオーバーは、ユーザーの様々な要求に応えると言うBMWグループの理念である「Power of Choice(パワー・オブ・チョイス)」に基づき、高効率ガソリン・エンジン搭載モデル、クリーン・ディーゼル・エンジン搭載モデル、さらには、電気での走行が可能なプラグイン・ハイブリッド・システム搭載モデルを、ラインアップしている。

電気での走行も可能なプラグイン・ハイブリッド・システム搭載モデルとして用意された、ミニ クーパー S E クロスオーバーALL4を用意している。200Vの普通充電にて約3.5時間にて満充電となり、電気のみにて約53kmの走行が可能である。直列4気筒エンジンとの組み合わせにより、ハイブリッド燃料消費率は14.8km/Lとなっている。

納車は、本年10月以降を予定。


ミニ クーパー D クロスオーバー ¥4,300,000
ミニ クーパー D クロスオーバー ALL4 ¥4,540,000
ミニ クーパー SD クロスオーバー ALL4 ¥5,100,000
ミニ クーパー S E クロスオーバー ALL4 ¥5,100,000
ミニ ジョン クーパー ワークス クロスオーバー ALL4 ¥6,090,000