「ゴールドの前期型レパードが欲しい」その理由は? オーナーは当時23歳|1986年式 レパード XS-Ⅱ Vol.1

「ゴールドの前期型レパードが欲しい」と言って当時23歳のオーナー青木孝道さんが、カーショップフレンドを訪れたのは、2006年の事だ。

 社長の金沢さんは、突然店頭に現れたその若者に対し、「F31レパードは故障もするし、お金もかかるから新車の高級車を買ったほうがいいと思うよ」と言って帰らせてしまった。

 金沢さんとしては、いくらしっかり整備されたレパードでも、やはり古いクルマは、メンテナンスも必要で、それなりにお金もかかるため、オーナーとなる人には、レパードがどんなクルマであるかはもちろん、カーショップフレンドがどんな店であるかをちゃんと知ってもらった上で付き合ってもらいたいと考えたからだ。レパードに対してどのように向き合っているか、どのような「仕事」をクルマやオーナーに対して行っているかを理解してもらった上で、信頼されたいと思っているからである。

 そして、金沢社長もオーナーの人となりをしっかりと理解した上で、提案やフォローをして、末永いつき合いをしていきたいと考えているのである。

 青木さんは若く、レパードへの思い入れがどれほどなのか分からなかった。だが、2週間後に再びカーショップフレンドに現れる。
 今度は「レパードが欲しい」だけではなく、なぜレパードが欲しいのかを語った。青木さんは四国出身で、現在は関東に一人暮らし。数年前に亡くなった父親の好きだったクルマであるF31レパードを手に入れたいと考え、専門店であるカーショップフレンドへとやって来たのだという。

 それならばと金沢社長が勧め、現在青木さんが大切にしている今回の撮影車のXS‐Ⅱである。

Vol.2に続く

美しくオリジナルの状態にレストアされたインテリアなど、全ての画像を見る