VRターボだけではなかったM-TEU搭載のグレード|1983年式 ソアラ 2.0ターボ Vol.1

ソアラはツインターボのイメージが強い。それはZ20ソアラの影響によるものだろう。対して初代ソアラであるZ10ソアラはというと2.8Lのツインカムがイメージリーダーであり。ターボ車の印象は薄い。そもそも発売当初は、ターボモデルの設定はなかった。

 Z10ソアラ発売から5カ月後の1981年7月に、M‐TEU型直列6気筒SOHC2.0Lターボ搭載の2000VRターボと2000VⅡターボがラインナップに追加。特にVRターボは、ソアラが発売直後で話題となっていた時期に販売されていたため、多くの人の記憶に残った。むしろZ10ソアラのターボ車設定は、VRターボしかなかったと思っていた人も多いのではないだろうか。

 1983年のマイナーチェンジで新たに1G‐GEU型搭載の2.0GTが追加。長く使われてきたM型エンジンが排ガス規制の影響から発展が望めなくなってきたため、全くの白紙から理想的なエンジンを作るべく開発されたのが1G‐GEU型。1980年代のトヨタ車の多くに搭載された傑作だ。

 このエンジンの登場によって、ターボ車はグレードの整理が行われ、M‐TEU型搭載車はすべて2.0ターボに統合された。


Vol.2に続く

ターボモデル専用シートなど、全ての画像を見る