ジャガー・ランドローバー  プラスチック廃棄物を使用した サステナブルな次世代高級インテリアの開発へ

ジャガー・ランドローバーは伊アクアフィル社と協業し、再生ナイロン糸「ECONYL®」を使用した、海や埋立地の廃棄物から作った高品質なインテリアの開発を進めていると発表した。  

次世代のジャガー・ランドローバーのモデルには、再生工業用プラスチック、衣料品メーカーの生地の切れ端、養殖業界の漁網などいわゆる「ゴーストネット」と呼ばれる海に遺棄された漁網から作ったECONYL®を使用したフロアマットやトリムを採用する。

この責任を持って調達した再生原料から、サステナブル(持続可能)な高級インテリアをデザインすることは、ジャガー・ランドローバーが「ゼロ・エミッション」、「事故ゼロ」、「渋滞ゼロ」を掲げる「Destination Zero」へのコミットメントを体現している。技術革新によって環境をより安全でクリーンにし、お客様に高品質でサステナブルな選択肢を提供する。 

ECONYL®は、合成繊維業界大手のアクアフィル社が生産しており、すでに高級ファッション、スポーツウエアや時計ブランドが、ハンドバッグ、リュックサック、水着やストラップなどに採用されている。 

アクアフィル社は世界中からナイロン廃棄物を回収している。1年で約4万トンもの廃棄物を再生し、その再生工程は、ナイロンを石油精製から作るものと比べて地球温暖化の影響を90%低減する。生産されるECONYL®の原料1万トン当たり、7万バレルの原油が節約され、炭素排出量6万5100トン相当が削減されるという。

ナイロン廃棄物は、最先端の処理センターで分析、処理されてから化学工場に送り込まれる。その工場では、ナイロン廃棄物は解重合として知られる化学処理工程を利用して原料に分解され、ECONYL®が作られる。



この工程を通して、非ナイロン、金属素材あるいは、漁網上の海藻の成長を妨げる硫酸銅といった副産物は除去され、再生利用に向けてそれぞれの産業に送られる。ECONYL ®は、化石原料から作られるナイロンと同等の特徴を持ち、カーペット、床材や繊維製品に加工することができる。

この糸は、より環境に優しく、サステナブルな素材を使用し、ユーザーに高品質で耐久性の高い製品を提供することを目的に、将来のジャガーとランドローバーのモデルでは、フロアマットに利用していく予定。これは、ジャガー・ランドローバーが、「Destination Zero」のミッションの一環として目指すサーキュラー・エコノミー(循環型経済)の実現を加速させる。

ジャガー・ランドローバー、インテリア・システム担当シニア・エンジニア、エイドリアン・イルズは次のようにコメント。「当社のデザイナーとエンジニアたちは、将来のジャガーとランドローバーのモデルに採用するため、最も革新的な技法とテキスタイルを採用した次世代のサステナブルな素材の開発に取り組んでいます。廃棄物を最小限にし、材料を再利用、炭素排出量を削減することは『Destination Zero』のミッションの中核となるものであり、実現に向けた重要な方法のひとつです。また、お客様に提供するデザインに不可欠なものであると信じています」
 
今年初め、ジャガー・ランドローバーは2年連続でカーボン・トラストの認証を取得し、英国全体での事業活動においてPAS 2060として知られている、カーボンニュートラルの国際標準を満たしていることが認められた。これらの英国内の拠点では、世界中で販売するジャガーとランドローバーの車両の約77%を製造している。

現在、ランドローバーは、ラグジュアリー・コンパクトSUVである新型「RANGE ROVER EVOQUE」のインテリアに、高品質なユーカリ素材を使用したテキスタイルを採用している。さらに新型「RANGE ROVER EVOQUE」、ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER」、ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)「I-PACE(Iペイス)」では、高い耐久性を誇るウール混紡 Kvadratプレミアムテキスタイルと、1台あたり53本分のリサイクルプラスチックと再生ポリエステルを活用したスエードクロスを組み合わせた高品質な素材をオプションで選択することができる。