中古車越境ECのビィ・フォアード、売上は17%減の561億円 コロナの影響で減収に転落

越境ECサイト「beforward.jp」を運営するビィ・フォアードは9月29日、2020年6月期の売上高が前期比17%減の561億392万円になったと発表した。主力商品である中古車輸出台数は前期比20%減の13万3125台だった。売上高減少の要因に新型コロナウイルス感染拡大の影響を挙げ、今後の方針・取り組みの改革を進める考えを示した。

売上高減少の主な要因として同社は、2019年度第4四半期(2020年4~6月)における新型コロナウイルス感染拡大の影響から輸出が停滞したことにより、大きな影響を受けたことが考えられる。主な輸出先であるアフリカでは、感染拡大防止を目的にナショナル・ロックダウンやアフリカ内各国の国境閉鎖が発生し、中古車輸出が減少したことが減収につながったとしている。

新型コロナウィルスの影響は4~6月に底を打った状態となり、7月、8月に入り売り上げは回復傾向にあるという。世界各地でロックダウン解除も進み、中古車輸出にも回復の兆しが見えているとしている。

ビィ・フォアードでは、今回の新型コロナウイルスの影響を機に会社方針や事業の取り組みについて改革を実施。働き方を従来のオフィスベースからテレワークへ本格的に切り替え、オフィス移転を行うことで社員の安全の確保や通勤時間を削減し、業務効率を高める取り組みを行っていくとしている。

新たに組織改革を行い、業務改善に取り組むことで経費削減も進めるという。販売方針についても、売り上げや販売台数といった数字を追求するだけでなく、業務の効率化を高め利益改善を進めていく考えを示した。

事業として主に強化するサービスには、「BEFORWARD Marketplace」と「物流代行サービス」の2点を挙げた。「BEFORWARD Marketplace」は、国内の中古車サプライヤーが同サイトへ商品を掲載することで海外販売チャネルを増やすことができるサービス。掲載後は販売から納車までをビィ・フォアードが対応するため、利用するサプライヤーは煩雑な手間をかけることなく海外マーケットへの参入・拡大が可能としている。

2点目の「物流代行サービス」は、海外へ販売を行っている企業や海外マーケットの拡大を狙う企業の輸出業務を代行するサービス。世界200の国と地域へ年間13万台の中古車を輸出するなかで構築してきたというプラットフォームを提供する。この2点のサービス強化により、国内外問わず幅広く視野を広げ、事業の拡大を図るとしている。