“脚が本体のコスプレイヤー”紗雪、『七つの大罪』エリザベスのコスプレに「足フェチに目覚めそう」の声

超次元ロマネスクの紗雪が28日(月)、Twitterを更新。人気漫画『七つの大罪』のエリザベスのコスプレを披露し、話題を呼んでいる。

【写真】「『脚が本体のコスプレイヤー』真骨頂ですね」紗雪のエリザベスコス

セルフプロデュース系5人組アイドルグループ「超次元ロマネスク」のリーダー兼プロデューサーの紗雪。アイドル活動だけなく、『脚が本体のコスプレイヤーアイドル』として長くしなやかな美脚を武器に、コスプレやグラビアでも活躍をしている。

紗雪は『週刊少年マガジン』(講談社)で連載され、アニメ化もされた人気漫画『七つの大罪』のヒロイン・エリザベスのコスプレを公開。スラリと伸びる自慢の生脚と、八等身とも思える抜群のスタイルで見事にキャラクターを再現している。

この投稿にネットでは「『脚が本体のコスプレイヤー』真骨頂ですね」「アニメからそのまんま飛び出してきたみたいです!」「足フェチに目覚めそうです」と絶賛コメントが多く寄せられていた。

▽紗雪
Twitter:@sayuki_cos
Instagram:sayuki_cos

【あわせて読む】伊織もえ『ライザのアトリエ 2』コスプレが本物すぎると話題「可愛くてキャラ越えてた」